2010年5月アーカイブ

いや・・・やっと、一週間が終わった・・・・。
めっちゃしんどい。。。
久しぶりに疲れたっす。

今週、死ぬほど仕事が忙しくて、5日で20時間以上残業・・。
ほんのちょっと前までは、会社に行っても仕事を探さないと、ない様な状態だったのに、仕事が降ってくるわくるわ・・。
やっとこさ、家に着いて、ほっとしている次第です。
来週も忙しいので、パワーセーブしないと。

と忙しい忙しいと言ってもいられなく。
明日の29日。
私の友人たちが走り回っています。
『1/4の奇跡』そして『降りてゆく生き方』
もう、どっちもおすすめですが、いかんせん、同じ時間に3カ所(笑)
アメーバのように分離したい気持ちに駆られます。

ということで、元気だったら、どこかに参上するかも、、、、(汗)

事前告知で申し訳ないですが、みなさん、ご参加くださいね~。

-----------

【イベント名】: 映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」上映会

【上映日】: 2010年 05月 29日(土)
【時間】: 1回目 10:00 ~ 12:00
     2回目 15:30 ~ 17:30

【会場名】: 千葉県松戸市 小金市民センター(千葉県松戸市小金きよしが丘3-1-1)
       ※ 北小金駅南口より徒歩10分 駐車場には限りがありますので、
          公共交通機関を利用してお越しください。
【会場定員】: 100
【日本語字幕】: あり
【入場料金】: 前売り1000円/ 当日 1500円
【割引料金など】: 小中高校生 前売り 500円/ 当日 800円

【主催者(団体)名】: まつど 「1/4の奇跡」上映実行委員会/橋本 裕子(ハシモト ユウコ)

(松戸の方)
【受付FAX/電話】: 047-348-7454(橋本)、047-343-6814(杉田)、047-361-0973(和久)
(柏の方)
【受付電話】: 090-6162-3005(佐藤)
(市川の方)
【受付E-MAIL】: asakaw@hiroyuki.name
【問合せ連絡先】: それぞれ上記のメール・FAX・電話までお問い合わせ下さい。
【お知らせ】軽食付き交流会も開催します。
      12:00 ~ 15:00 2階料理室にて、参加費1人300円

---------------------------------

【イベント名】: 1/4の奇跡~本当のことだから~上映会&入江監督講演会

【上映日】: 2010年 05月 29日(土)
【時間】: 12:00 ~ 16:45 (開場 11:30)
     12:00 ~ 14:10 映画上映
     14:30 ~ 15:40 監督講演
     15:55 ~ 16:45 質問コーナー他

【会場名】: 文京区シビックセンター・小ホール(東京都文京区春日1-16-21)
【会場定員】: 300
【日本語字幕】: あり
【入場料金】: 3000円
【割引料金など】: 2600円(中学生以下、障害者とその付き添いの方、並びに会員の方)

【主催者(団体)名】: ヒューマンライフ企画/田中誠一郎(タナカセイイチロウ)

【受付FAX】: 03-3945-5869
【受付電話】: 090-9200-4552 または 090-9200-4202
【お知らせ】: このチケットの収益金の一部は文京区社会福祉協議会と
       入江監督の今後の映画制作を応援するために寄付致します。
       また、ご来場いただきました方、全員に1/4の奇跡パンフレットを無料配布いたします。

---------------------------------

●映画「降りてゆく生き方」in千葉

 ■日程:5 月29日(土)
 ■時間:
  【第一回】 10:00(開演)/9:30(開場)
  【第二回】 14:00(開演)/13:30(開場)

 ■会場:千葉市民会館 大ホール
  (千葉市中央区要町1-1)
  http://www.f-cp.jp/shimin/map.html

参加ご希望の方は、529C☆BLOG(千葉上映会のサイト)

 http://chiba529.makusta.jp/c4986.html

もしくはオフィシャルサイトからお申込ください。

 http://www.nippon-p.org/blog/2010/04/post_119.html
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【ご案内】5/23チーム『宇宙の約束』2010-繋ぐ・結ぶ・紡ぐ- ◇パズルのピースが繋ぐ時◇
http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2010/05/523.html

無事に終了いたしました。

朝からの雨。
どうなるかと思っていたら、予約してくれたお客様のほとんどか来てくれました。
悪天候の中でも、しっかりと来てくれるお客様がいること。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

今回、上映会とWSと交流会というチームとしては初めての試みでした。

『1/4の奇跡』を見た時に思ったこと。
1つは、自分の存在の大切さ、でした。
だから、自分のことを好きでいたいとそう思いました。
そして、もう一つ思ったこと。
周りの人のことも大切にしていきたい。
大好きでいたい。
そう思いました。

その周りのことをしっかりと感じてもらうこと。
繋がりをつくるということ、関わっていくとくことを実践的に感じてもらうキッカケのために、今回、こういう形でハンディキャップ体験WSと交流会を開きました。

WSと交流会まで残って下さった方は少なかったのですが、だからこそ、深い気づきがたくさんあったようで。
一緒にWSの運営をして頂いた介護ボランティアグループ『あいあい』の皆さまも「え?そんな風に感じるの?」とビックリするような意見交換もあり。
いつも以上に思いがけないぐらいの多くのことを得られたみたいで本当によかったです。

WSでは、車いす体験をしてもらい、交互に車いすに乗る側、押す側を体験してもらいました。
押す側の大変さだけでなく、乗る側の大変さも感じてもらいました。
車いすに乗ってみるとわかる違う光景とそこから産まれる感情。

「相手の気持ちに立つこと」「相手を思いやるということ」がどういうことなのか。

実際に経験してみないとわからないことも世の中には多く、障がい者を含めて、周りの人がどんなことを感じているのだろう、どう思っているのだろうと、、、、、自分の目だけでない、第二者、第三者や第四者、第五者・・・の目を持ち、感じることはそう容易いことではないけど。
でも、そういう目を常に持つということが、世の中において、いかに大切かということが、少しでも多くの人に感じ取ってくれればいいなとそう思う。

人と関わっていくということ。

ホント難しいし、大変なことも多いし。
勇気もいるし、それなりの心構えもいることもある。

でも、そのことも含めて、今、自分や周りの人たちが、どんな風に想い、どんな風に感じてくるかを、少しでも頭の中の片隅で思い続けること。
そのことが、「全ての人が認めあえる世の中」を作るきっかけにもなるし、「共に生きていける世の中」にしていく道しるべになるとそう思う。

WSの後の交流会も盛り上がり、イベント終了後の打ち上げでも、いろんな意見を交換できたり、深い気づきがあったり。
誰にでも優しい世の中を作ることに向けて、みんなが考えていく姿をみていて、やってよかったって、熟々思うことばかりでした。

ケーキを作ってくれたり、会場を間違えたのにもかかわらず、駆けつけてくれた方もいたり。
「この映画を多くの人に見てもらいたいと感じた。私が普段から感じていることをこういう形で伝えてくれている人たちがいてくれてうれしい」と行ってくれたご婦人がいてくれたり。

いつも一緒に動いてくれるスタッフの一人一人。

応援してくれる方、支えてくれる方。
助言、アドバイスをくれる方。

喜んでくれる方。楽しんでくれる方。

笑顔になっていくお客様、いろんなことを感じ取ってくれるお客様。

ほんと、ありがたいなってそう思う。
この時代、この地に、こうやってたくさんの方々にお会いできることがとてもうれしいし、こうやって同じ志で伝えて行くことを一緒に行動に移してくれる仲間たちの存在がとても愛おしく感じます。

本当にありがとうございました。
チーム『宇宙の約束』2010-繋ぐ・結ぶ・紡ぐ-の第二弾も二ヶ月後開催決定しています。
皆さま、これからも、どうぞよろしくお願い致します。


------------<7/24 第二弾決定!>------------

~すべての人が認めあえる世の中へ~
チーム『宇宙の約束』2010-繋ぐ・結ぶ・紡ぐ-

☆いのちと愛を結ぶ宇宙(そら)色のハーモニー☆

チーム『宇宙の約束』+オープンハートの会 合同主催!!

ドキュメンタリー映画『宇宙の約束 ~いのちが紡ぐ愛の詩~』上映会 +
    セルフストーリーオペラ『這い上がり』~ある「顔」の喪失と再生の半世紀~

日時:7/24(土) 13時開場、13時半開演 18時終演(予定)
場所:東京都大田区 スタジオ「Teatro do Sonho」
   京急梅屋敷駅から徒歩約13分
   JR・東急蒲田駅東口 京急バス森50系 『東邦医大』下車徒歩2分
前売り 大人2500円 高校生以下/障がい者2000円 未就学児0円
当日  大人3000円 高校生以下/障がい者2500円 未就学児0円
お問い合わせ先: チーム『宇宙の約束』事務局
TEL:090-4518-4489 メール:event-0724☆team-soranoyakusoku.jp まで
☆印を小文字の@マークに変更してご使用ください
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
もう、2週間近く前だけど、先日、うつ専門カウンセラー、さわとんこと、澤登和夫さんの講演に行ってきました。
さやかちゃんのDIGNITY WAVEの定期交流会イベントの1つでした。

さわとんが、どうして「うつ専門カウンセラー」になったか。
その人生と共に、今、さわとんがやりたいこと、伝えたいことは何なのかを、笑いを交えながら、しっかりと伝えてくれました。

身に迫る想い。
崖っぷちに立ったことがあるからこそ、感じられる願いが、本当に心を打つものがありました。

"「死にたい」って言う人に、何ができますか。"

この日の講演のテーマ。
とてつもなく重たい内容でもあり、あまり、ピンと来ない人も多いと思います。
でも、自分にとっては、短すぎるほど、身近なテーマでした。

4年前、「死にたい」という電話の後、病院で亡くなった友人がいたから。
だから、他人事ではないテーマでもありました。

電話でしばらく話した後、「今、どうしたい?」と私の問いかけに「生きたい。だから、救急車を呼ぶ」って言ってくれた友人。
その次の日、その友人の友人からの電話で病院で亡くなったと聞きました。
あの後、自分で救急車を呼んで病院に行ったけど、間に合わなかったと聞きました。

最後の最後で、「生きたい」と願ってくれたこと。
助けられなくて、悔しい想いでいっぱいだったけど、最後の最後でそう願ってくれたことが、唯一の救いでした。

あの時、どう声をかければよかったんだろう。。。。
今でも、そう考え込んでしまうことがあります。

でも、さわとんの講演を聞いて、言葉やテクニックではないのかもしれないなって、そんな風に思った。

ただ、寄り添ってあげること。
黙って、手を握ってあげること。
ずっと、傾聴してあげること。

そんなことだけでも、いのちを救うことができるのかもしれないって、そんな風に感じた。

決して独りではないっていうこと。
いつも、誰かがいるっていうこと。

忙しない世の中に生きていると、何かにつけて、一人で頑張ってしまうようなことも多々あったりする。
だけど、誰かがいてくれることを想うと、それだけでも、人は安らぎを感じられる。

その気づきのキッカケや余裕を作れるかどうかで、世の中って一変するのかもしれないって、そう思います。

「あるがままな生き方」「自分らしい生き方」って、言葉でいうのは簡単かもしれないけど、意外に一番大変な生き方かもしれません。
でも、そんな生き方が誰もが出来る世の中にしていくことが、今、一番大切なことだと思うし、今、一番、必要なことだとそう思う。

その為にも、自分や周りに「大好き」がいっぱい増えるように、お互いを知り、お互いを認めあえるキッカケをつくることを、少しでもやっていけたらなってそう思います。


そんな「大好き」が周りにいっぱいに広がるような「すべての人が認めあえる世の中」にしていくために、チーム『宇宙の約束』では、定期的にイベントを繰り広げてきています。

今週末、5/23に、『1/4の奇跡~本当のことだから~』とハンディキャップ体験WSを行います。

1/4の映画の根底に流れるテーマ、、、全ての存在の大切さ、一人一人の存在の奇跡。
そのことを映画を通して知った後、自分の周りの存在を大切に感じられるキッカケを作りたいと思い、体験WSを取り入れました。

名目は「ハンディキャップを持った人たちの立場を体験する」というものですが、これもキッカケの一つに過ぎないと思っています。

そのWSを通して他の人の心を感じる方法を学べると思うし、自分の周りに向けて関心を持つことが、どれだけの他の人の心を救い、他の人と繋がれるかを知ることも出来ると思います。
また、そのことが、「一人じゃないんだ」という自分への安らぎとなると思うし、人の温もりを肌で知ってもらうチャンスだと思っています。

まだ、予約数が一桁という極めてすごいことになっていますが(笑)
皆さま、是非、お誘い合わせの上、ご来場下さい。
そして、他の方々にも、是非、たくさん、たくさん伝えて言って欲しいとそう持っています。

皆さま、どうぞ、よろしくお願い致します。


-------<ご案内>---------
【ご 案内】5/23チーム『宇宙の約束』2010◇パズルのピースが繋ぐ時◇
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
今日は。。。。っていうか、もう日付が変わったので昨日はだけど。

丸一日、休養日。
何にも無い日もありかな、、、って思ったら、先日、思いがけない友人から一本のメール。
お昼すぎぐらいから、立川で、その友人と遅めのランチをしてきました。

のんびりとした時間。
なかなか、話す機会がなかった友人でもあったので、とても、よかった。
プライベートなことも含め、色々と話をしていたら、夕方になっていました。

駅ビルの向こうに見える青空も素敵で、なんとも、素敵な時間を過ごすことも出来ました。
やること多くて、こういう時間をなかなか取れないこともある。
だから、こんなのんびりと友人と語らえる時間は、とても、貴重で大切で、有りがたかったりします。

今日、何もなくて、よかった。
幸せな時間をありがとう。

-------<ご案内>---------
【ご 案内】5/23チーム『宇宙の約束』2010◇パズルのピースが繋ぐ時◇

シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
全然、日記とか書いてないにぽぽです。
最近は、Twitterかボイスでぼやいてますので、そちらをご覧下さい(笑)

昨日の夜は、南青山の曼荼羅へ。
しばあみさんの ライブに行ってきました。
去年の10月、三郷市であった「虹の向こうは晴れ」のイベントで、私の前に歌を披露してくれてた方です。

2月にひょんなことから、別の場所でばったりとお逢いして、お誘いをうけ、そこで即決。
三ヶ月間、待ちに待ったライブです。

素敵でした~♪

虹晴れのイベントでは、私の前の出演だったため、じっくりと歌を聴くことは出来ず。
初めてじっくりと聞いたのは、去年暮れの村上由香さんのお芝居の時に出演していたのを聴いたぐらいでした。

早めに会場に行って、ど真ん前をゲット。
かぶりつきで歌声を聴かせてもらって、もう、癒されまくりでした。
ライブのテーマでもある「虹色のヒカリ」の言葉通り、色んな色のきらめきを歌声を通して、聴かせてもらいました。

前にも書いたかもしれないけど、音楽が産まれる場所って、いろんなドラマがそこにあると思う。
そして、それを聴かせて頂いている私たちもそれぞれのドラマの中で、その音を聴き、そのドラマにいろんな色づけをしてくれていると思う。
楽しいこともある反面、切ないことも多いけど、でも、それもまた、癒しでもあるし、明日への力でもあるのかなって。
そんな風に感じます。

私は、素敵な音の波に囲まれているときが、一番、幸せですね。
なんだか、とても、優雅な時間を過ごさせてもらいました。

ってなわけで、写真は、ライブで頂いた虹色のプレートです♪

CA330043.JPG

-------<ご案内>---------
【ご案内】5/23チーム『宇宙の約束』2010◇パズルのピースが繋ぐ時◇


シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

国立

| コメント(0) | トラックバック(0)
国立に行っていました。

国立なんて、久しぶり。
20年ぐらいです。
駅前の雰囲気が変わっていないのがビックリでした。
国立に専門医療センターがあり、リハビリ治療のために毎週の様に通っていたところ。
色々と想いで深い気持ちがしました。

変に居心地がいいのは、気のせいかな。。
人も心豊かな気がして仕方有りませんでした。
見知らぬ人から「大丈夫ですか?」と声をかけられることなんて、あんまり無いのだけど、やたらと声をかけられたり。
普通に自然に親切にしてくれたり。

ある場所で、信号待ちをしていたんですね。
私、押しボタン式だとわからずにいて、ボタンを押さずに信号が変わるのをひたすら待っていました。
しばらく経って、自転車に乗った方がボタンを押してくれたんですね。
その方も、信号が変わったら渡るのかと思ったら渡らずに別の方向へ・・・。
些細な親切なのかもしれないけど、ジーンとしてしまいました。

CA330039.JPG
そして、この写真。
駅前のたこ焼きやで友人とたこ焼きが焼けるのをベンチに座って待っていたら、自転車に乗った見知らぬおじさんがフッと近寄ってきて。
「君にこれをあげるよ」と手渡してくれたもの。
青い色紙で作った鳥・・・・天使さんかな。
幸せを運んできてきてくれそうな、小さな優しいお守りは、大切に財布の中に忍ばせておこうと思いました。

今日、集まった友人たち。
あまりない組み合わせで、おもしろい面々が勢揃い。
夜中までみんなと語りまくりで、楽しかった。
暑い日だったけど、お鍋をふーっふーっと突きながら。
みんなでほっこりとした気持ちに浸っていました。

居心地がよかった。
人も土地も優しい気がした。
どうしてかわからないけど、ほんと、よかったです。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
5/23。
チーム『宇宙の約束』主催イベントが決まりました!

今年のチームでは、すべての人が認めあえる世の中に向けて「-繋ぐ・結ぶ・紡ぐ-」をメインテーマに、自分だけでなく、周りにも目を向け、周りと 繋がっていくことを感じあえるイベントを繰り広げていきたいと思います。

その第一弾として5/23では、上映会の後に、ハンディキャップ体験ができるワークショップを開催。
助け合う、支え合うってどういうことだろう。
相手の立場に立つってどういうことだろう。
そんなことを、ワークショップを通して、一緒に感じ、一緒に考えてもらえたらと思います。

皆様、どうぞ、よろしくお願い致します。

=============================
          2010年5月23日(日)
          『千葉県民の日』賛同行事
        ~すべての人が認めあえる世の中へ~
    チーム『宇宙(そら)の約束』2010 -繋ぐ・結ぶ・紡ぐ-
          ◇パズルのピースが繋ぐ時◇
         http://soranoyakusoku.didit.jp/0523/
    http://soranoyakusoku.didit.jp/0523/data/523_event.pdf
=============================

 あなたは、街中で困っている人を助けられず、歯痒い思いをした事は
 ありませんか?

 人にぶつかってしまい、コースを外れてしまい、
 右往左往している目の見えない方。
 電車から自力で降りられず、困っている車椅子の方。

 助けたい。。。なのに、助ける事が出来ないと思った事は
 ありませんか?

 人は歳を取るにつれ、目が見えにくくなり、階段を上がるのも
 辛くなってきます。
 障がいを持つ人だけではなく、ご老人の方や、ご病気を
 患っている方、全ての人に共通している事だと思います。

 でも、実際に経験していないと、どう助けていいのかが
 分からないと思います。

 今年のチーム『宇宙の約束』は、~繋ぐ・結ぶ・紡ぐ~を
 テーマに、お互いを知り、認め、支え合う社会とはどういう
 ものかを、皆さんと考え、感じていきたいと思います。

 今回は、上映会の後にハンディキャップ体験ワークショップを開催。
 『1/4の奇跡』という想いと共に、実際に経験して頂き、お互いの
 理解を高め、ご自身に出来る事を探して欲しいと思います。

 人が困っている人を助けるのに、損得も何の理屈もいらないと思います。
 その人の笑顔を見るため、自分の為に、自分に出来る事を考えてみませんか?

 ◆開催日◆
  2010年5月23日(日)

 ◎第1部◎
  ドキュメンタリー映画『1/4の奇跡 ~本当のことだから~』自主上映会
  浦安市民プラザ Wave101 小ホール(定員60名)
  開場13:30 開演14:00 15:50終了(予定)

 ◎第2部◎
  ハンディキャップ体験ワークショップ+交流会
  浦安市民プラザ Wave101 市民サロン(定員20名)
  ワークショップ開始16:05 18:45終了(予定)

 ◆場所・交通案内◆
  浦安市民プラザWave101 小ホール/市民サロン
  住所:浦安市入船1-4-1 ショッパーズプラザ新浦安4F
  公共交通機関:JR京葉線 新浦安駅下車 徒歩5分

 ◆参加費◆
  <第1部(上映会のみ)>
   前売り 大人1,500円 高校生以下/障がい者1,000円
   当日 大人2,000円 高校生以下/障がい者1,500円

  <第1部+第2部(上映会+WS+交流会)>
   前売り 大人2,000円 高校生以下/障がい者1,500円
   当日 大人2,500円 高校生以下/障がい者2,000円

  ※未就学児はどちらも無料となっています。
  ※"千葉県民の日"賛同行事のため、千葉県内にお住まいの方は、
   500円引きとさせて頂きます。

 ◆お申し込み◆
  下記、お問い合わせ先のホームページの受付フォームか、
  メールアドレス、または電話/FAXにてお申し込み下さい。

  ※メールアドレスなどの連絡先に、お申し込みされる場合は、
   ・本名(フリガナも明記下さい) ・連絡先(電話番号、メアドなど)
   ・参加時間(1部 または 1部+2部)
   ・参加人数(大人、高校生以下、障がい者、未就学児)
   ・お住まい(千葉県内 または 千葉県外)
   ・イベントを知ったきっかけ
  を、必ずお書き添えの上、お申し込みください。

   ※2部だけの申し込みは出来ませんので、ご了承下さい。
   ※2部は定員20名になっております。定員になってしまった場合、
    お断りさせて頂くことがございますのでご了承ください。
   ※ご意見やお問い合わせなど何かありましたら併せてご連絡ください。

 ◆お問い合せ先◆
  TEL:090-4518-4489(服部) FAX:047-353-6657(服部)
  受付フォーム:http://soranoyakusoku.didit.jp/0523/form0523.php
  受付メールアドレス:kiseki@didit.jp
  案内ホームページhttp://soranoyakusoku.didit.jp/

 ◆主催◆
  チーム『宇宙(そら)の約束』

 ◆協力◆
  介助ボランティアグループ『あいあい』

 ◆映画プロフィール◆

  ドキュメンタリー映画 『1/4の奇跡~本当のことだから~』
  あなたがあなたとして生まれた事。それは、一つの奇跡。
  命をめぐる真実の物語。
  石川県で特別支援学校の先生をしているかっこちゃんこと山元加津子さん。
  どんなことでも、どんな人でも分けることなくありのままに受け入れ、
  興味をもち、共に楽しむ。養護学校のこどもたちとの、
  純粋な心温まるふれあいを通じて、障害がある人、ない人も、
  すべて理由があって生まれてきている、みんなそのままで素晴らしいんだ、
  と魂を揺さぶられるその真実の物語が、講演会で語られ、全国各地で
  感動を呼んでいる。

  そんなかっこちゃんに、ある日障害をもった雪絵ちゃんという少女が 想いを託す。

  「一人一人がちがっていいっていったよね。
           それを世界中の人が知ってる世の中にして」・・・と。

  かっこちゃんの生き様を追いかける中で、かっこちゃんを取り巻く 人々の中で、
  今明かされるいのちの神秘、宇宙の秘密。 感動のドキュメンタリー。

  ホームページ:http://www.yonbunnoichi.net/

 ☆チーム『宇宙の約束』では、ボランティアスタッフによる
  バリアフリーイベントとして、日本語字幕入りの映画上映を行っております。
  その他、お身体の事など何かございましたら、お気軽に
  お問い合わせ先までご連絡ください。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
っていうわけで、4/25(笑)

いつもお世話になっている『オープンハートの会』の8周年記念イベントに行ってきました。

この日は、村上由香さんの 『キミの声』 のショートバージョン。
そして、古市さんのセルフストーリーオペラ『這い上がり』。

いや、、この2つの組み合わせは、やばすぎでしょう(笑)
心にぐいぐいと染みこんでいきました。

『キミの声』は去年1回観たのですが、そのショートバージョン。
でも、伝えたい部分がしっかりと凝縮されていて、去年のロングバージョンよりも見やすいつくりになっていました。
すごい。
"いのち"というもの。
"生きる"というもの。
いろんなことを感じさせてくれました。

その共鳴しまくりで余韻に浸る中でセルフストーリーオペラ『這い上がり』。

去年のオープンハートの会のクリスマスイベントには参加出来ずにいたので、初めてでした。
古市さんの語りに、AKIRAさんの魂の歌。
そして、ピアノの藤本ゲンさんに、ケーナの清水康之さん。
ゲンさんは、『キミの声』でもピアノを弾いていたので、フル出場。

すげぇ、、、、。
なんか、魂に響き渡って、撃沈でした。
古市さんの講演は何度か聴いたことがあるのだけど、こういう伝え方になるんですね。
今まで以上に、感情移入してしまいました。

いろんなことがあるし、辛いことも多々あるけど、いろんな出逢いがあり、いろんな人に支えられて生き抜いて行ける。
そのことを知った時、新たな想いが生まれ、新たな力になり、次へ、周りへ、その生きるという力を伝えて行くことが出来る。
オープンハートの会として、そして、古市さんの大切な想いを、『キミの声』では優しく、そして、『這い上がり』では力強く観せてくれた気がしま した。


『青い空の下で』にもつながるのかもしれないけれど、人が持つドラマって、どれもすごいなって思う。
なんかすごい偉業を成し遂げたっていうドラマもすごいのだけど、そうでないドラマも、感じ方、見方によってすごいものになっていくんだろうなって そう思う。
古市さんが、、、ではなく、たぶん、誰にでも持っている「セルフストーリー」であり、「ドラマ」なのかなって。

人々のドラマがいろんな形でパズルのように紡ぎ逢い、重なり逢って、世界は動いて行く。
なんか、すごいなって、、、ホント、そう思います。


・・・・と、人ごとのように語っては居られない(笑)

AKIRAさんとは、何度かお逢いしているのですが、「今度、にぽぽのセルフストーリーオペラ、創らない?」と言われておりまして、、、、汗
どうしようかなって、ちょっと、悩んでいたけど、やってみようかなって思っています。
30日のKOKIAのコンサートを聴いていて、背中を押されました(笑)

伝えたい事、しっかりと伝えていきたい。
そう思ったから。

ということで、明日は、原稿の整理で没頭してみよう。。。
どうなるかわからんけど、やる前から色々と考えていても仕方ないから、やるだけ、やってみます。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
話が思いっきり前後します(笑)

もう先月の話。
4/24の夜。
友人の希美ちゃんが出演する貴楽屋のお芝居を中目黒の中目黒ウッディシアターに観に行きました。

chirashi_ページ_1.jpgchirashi_ページ_2.jpg『青い空の下で』

NHKの朝の連続テレビ小説のような感じですね。
戦前から戦後、そして、現在までのある女性の生涯を描いたドラマ。

いつも心に笑顔を忘れないで生きてきた女性。
何も無く、大変だったあの時代を生き抜いた人だったら、普通に感じてきたドラマなのかもしれないけど、でも、そんな普通に生きてきた人が主人公の ドラマもまた、その想いというものがあり、その生き様というものがある。
大切で、楽しくて、そして、切なくて、悲しくて。
そんな喜怒哀楽を、しっかりと見させてもらった2時間のお芝居でした。

きっと、誰にでも、こういうドラマってあるんでしょうね。
大なり小なり。
人からみたら、本当に小さな小さなことなのかもしれないけど、でも、それ自体もその人にとっては、大切なドラマだったり。
億の人が生きてきたら、億の数ほどのドラマがある。
泣いたり笑ったり、いろんなことがあるんだろうし、一歩踏み出しては躓いて、一歩歩んでみては転んだり。
そんな一歩一歩を生きている人がたくさんいるんだろうなって。

希美ちゃんの学生服姿が、ウソのように違和感なくぴったりしていて、まぁ、ビックリという感じで(笑)
いろんなことを想うことの出来た2時間でした。

その後、観劇をご一緒してくれた親友と急に降る出した土砂降りの中を帰り、途中のカフェでお茶しながら、あーでもない、こーでもないと、話す、話 す、話す。。。
盛り上がりすぎて時間を忘れ、「閉店なんですけど、、、」とお店の人に退室を促されるまで、話し込んでしまいまいました。
その時、その親友に今まで言えなかった自分の大切な想いも話す事が出来たし、それはそれで、いろんなことを感じられた夜。

一緒に行ってくれた親友に。
そして、大切なお芝居を披露してくれた友人に。
本当にありがとう。

シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
30日のKOKIAのコンサートの余韻をガッツリと引きずったまま、1日から家族で伊豆半島をぐるっと一周旅行をしてきました。

CA330038.JPGいや、、、相変わらず、意見の合わぬ家族同士の旅行でして(笑)
あーでもない、こーでもないと、うるさい、うるさい・・・(ーー;)
でも、天気もよかったし、食事もおいしかったし、温泉も気持ちよかったし。
それだけでも、よかった3日間でした。

この時期の家族旅行は毎年恒例。
父が自分で計画をたてて、自分が運転していきます。
一度、私が計画をたてようとしたら、結局、父に持っていかれました(笑)
父がやりたくて仕方ない年中行事なんです。
1度だけ、仕事の都合などで父と私の時間が全く合わなくて、断念した年があったけど、それ以外は毎年行っています。CA330043.JPG
北は北海道、南は鹿児島まで行ったかなぁ。

今回の旅行では、単なる経由地でしかなかったのですが、1番最初の家族旅行は、箱根でした。
私が2歳かそれぐらいのころ。
おんぼろの軽自動車で箱根の山を登ったらしく、大変だったみたい。
その時の写真は、セピア色寸前。
私自身も、何となく覚えているような、覚えてないような、そんな感じです。

障がいを持っているお子さんがいる家族の中には、世間体を気にして子どもを外に出すことなく、家に閉じ込めてしまうことも多々あるとのこと。
前に行った旅館では、カウンセラーが飛んできたことがあります。
うちの家族は、そういうサービスははいらなかったので、逆にカウンセラーなんてよこしたのかを聞くと、そういう心に傷をCA330045.JPG持った家族をケアーするた めにサービスの一環として専属で雇われているんだとか。
これ、2~3年前の話。
まだまだ、そういう世の中なんだなぁって、改めてそう思った瞬間でした。

私たち家族は旅行をはじめたのは三十数年も前の話。
障がいということに対して、今以上によく思っていない人が大半をしめていたころ。
そんな中、骨折しかねない私を抱っこして、色々と外に連れ出してくれた両親。
一時期、家族と旅行なんて、、、って、反発しまくっていたこともあったけど、今、思うと、両親は、私を外に連れ出して、外の空気に触れさせてくれ たのかもしれませんね。
怖かっただろうけど、そうやって、外に連れ出してくれたことに、感謝だなって。。。本当にそう思います。

来年は、どこに行こうかな。
今から、楽しみ♪

シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日が昇ったら、家族と旅行なのに、眠れない・・・(笑)

30日。
友人とKOKIAのコンサートに行ってきました。

CA330038.JPG 「音の旅人」

渋谷のBunkamuraにあるオーチャードホールでした。
2回目かな。。。やっぱり、このホール、音が透き通るように綺麗に聞こえる。
その中でKOKIAのパワーある歌声を聴く事ができるなんて。。。
全身の細胞が共鳴するようで、終始、やられました。

いつも、KOKIAの歌を聴きながらイベントの構想とか講演会の原稿とか考えているので、今、めっちゃ言葉が降ってきて、頭の中、パンクしており まする(笑)
講演会がしたい、、、、(笑)

世界は愛の波で満たされている。

この言葉に尽きます。
すごい実感出来るコンサートでした。

いろんなことがある世の中で、いろんなことを想うこともあり、凹むことも、一喜一憂することもたくさんあるけど。

歩もう。
歩もう。
歩もう。

CA330041.JPGこのリアルな世界を、一時、一時、しっかり感じながら、歩んで行こう。

がっつりとパワーをもらいました。

29日からGWが始まっている人もいるけど、カレンダー通りの人が大半。
30日は平日なんで、一緒に行ってくれる人なんていないだろうなぁって思っていたけど、渋谷近くで働いている友人が一緒に行ってくれてよかった。
こうやって、素敵な時間を共有してくれることにとても感謝しています。

一人で生きなきゃいけないこともたくさんあるけど、でも、そういう生きる勇気が得られるのは、自分の周りに関わってくれる人がたくさんいることを 知っているからなんだってそう思う。

たくさんの想いに。
たくさんの愛に。

全てに感謝です。

ありがとう。。。

一番、好きな曲。
自分の心境に合う曲をホールで生で聴けた。。。最高でした。。。

『孤独な生きもの』

歌詞:http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=92577

<セットリスト>
※mixi KOKIAコミュからお借りしました。ありがとうございます。

【第一部】
Birth
Love is Us, Love is Earth
REAL WORLD
宇宙が...
The rule of the universe
最終上映
やさしくされるとやさしくなれる花
安心の中
罪滅ぼしの歌
私が見たもの

【第二部】
覚醒~open your eyes~
命の光
調和
ジュゴンの空
孤独な生きもの
世界の終わりに
この地球がまるいお陰で
a gift
The woman

【アンコール】
Remember the kiss
Road to glory

シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.11

応援サイトバナー

  白雪姫プロジェクトを応援しています

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。