2010年9月アーカイブ

10月9日に行う『1/4の奇跡』とより子さんのライブ。
http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2010/08/-httpwwwutamapcomshowkasiphpsurlb08649.html

私も出演させていただくことになっていたのですが、辞退させていただくことになりました。
手術後ということもあり、どうなるか全くわからない状況。
ぎりぎりまでがんばってみることもできたのですが、やはり、主催者さんや周りの関係者、そして、お客様にご迷惑をかけることになりそうなので、主催者の方と相談し、辞退させていただくことにしました。

楽しみにしていた方がいましたら、申し訳ございません。
その代わりといってはなんですが、他の方が出演してくれるそうです。
そして、私も、音声と写真と字幕だけですが、メッセージを流してくれることになりました。
休み休み、録音をすませ、主催者さんにはお送りしました。
時間の関係上、カットされることもあるかもしれませんが、もし、流れたら、聞いてやってください。
なれていないせいか、すっごく堅いです(笑)

そういうことですが、映画の上映やより子さんのライブ、しま平くんのトークは健在ですので、きっと、すてきな最高の場になると思っています。
もう、席も残りわずかのようですので、お早めに、お申し込みください。
どうぞ、よろしくお願い致します。

詳細案内や申し込みなどは、こちらにて
http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2010/08/-httpwwwutamapcomshowkasiphpsurlb08649.html

しっかし、正直、悔しいなっていう気持ちがあります。
より子さんとあいたかったのもあるけど、皆さんの前でお話しできないっていうことが大きいです。
こういう思いが芽生えるっていうことは、私も伝える側の人間としての役目を負うことと責任を持つことという気持ちができたんだろうなってそう思う。
今後、こうならないようにしないとってそう思っています。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
16日。

朝は普通に起きて、何事もありませんでした。
しかし、トイレに入ったとたん、お腹の中が嵐のようになり、激痛。
1時間、トイレにこもりっきり。
その後、何とか脱出。
寝ていれば嵐が収まるだろうと、そもそもの判断したのが間違いでした。

会社を休んで、寝ていても、痛い。
ずっと痛い。
トイレに1分おきに行くような始末。
でも何も出ない。

お昼過ぎ、さすがに白旗。
まずは、行きつけの病院の救急外来に連絡。
しかし・・・・泌尿器科の先生たち、全員が学会中で不在(学会と患者のどちらが大事なんだ、笑)
なので近くの救急外来のある病院を探すが、どれもこれも、断られる。
仕方なく、救急車を呼ぶ。

その時もトイレの中から出られず、何とかドアを空けた先に救急隊員。
いや、、、マジで天使に見えた(笑)
もう足腰立たない状態だったので、何とかストレッチャーまで背負って運んでもらい乗車。
そしたら、なんか安心したのか、少し気分が和らぐ。
母親は気が動転して、何をしゃべっているのかよくわかんない状態なので、細々と状況を説明。
一度断られた行きつけの病院に連絡を入れ、説明した内容で根気よく説得してくれて強引に搬送してくれました。

救急車なんて何年ぶりだろう・・・。
たぶん、会社へ行く途中、私の運転する車に後ろから追突された時以来か。。。
その前は、小さい頃、頭から落っこちた時。

病院についたら真っ先にICUに連れられる。
片っ端からいろんな装置を付けられ、レントゲンなど色々と検査。
一通り検査が終わった頃、担当医が学会から真っ先に帰ってきてくれて対応。
急激な腎臓や膀胱の状態変化は無いけど、痛みがひどいようなので、ということでHCUに移動。
そのまま緊急入院処置となりました。

入院生活1週間・・・。
携帯のできない環境で、こっそりと書き綴った日記にも書いてきたけど、長いようで短いようで。。。
関係者の方、規則違反をしてすいません。
いかんせん、寝たきりにさせられていたので、携帯だけが唯一の安定剤になっていたので。
骨形成不全という骨の折れやすい病気を持っていたので、骨折しては大変とベットから動くことを完全に禁止されてました。
トイレに行くにも必ず看護師を呼ぶように義務付け。

一週間の間、可能性のあることを人体に負荷のかからない順番でやっていったけど、結局、ダメで。
やはり、腎臓の腫れを取るために、10月の頭に予定していたカテーテル挿入を前倒しでやることに。
でも、これも失敗に終わり、10月4日に再入院して全身麻酔で再度、行うことになりました。

今は、薬で蹴散らしています。
要は、排尿異常なので、むくみ、だるさ、痛みなど大変だし、トイレの数も多い状態だけど、治るためにもなんとか乗り切らないとってそう思う。

結局、失敗に終わったんだけど、怒りとかそういうネガティブな感情があまり起きてない。
残念だなっては思うけど、なんか、変に受け止めている自分がいます。
今の痛みとかも、辛いのは確かだけど、仕方ないかって、、なんか、そんな変に冷静でいます。
その代わりに、有り難くも家族の方があたふたとしているけど(笑)

担当医も色々と悩んでくれて、土日祝返上して、他の患者さんよりも私の方を先に見に来てくれていたと聞いたし、色々と策を講じても改善せず、途 中、「ダメだったかな・・・」ってぼそっと嘆いているのを聞くと、それだけ考えてくれていたんだってそう思いたい(本当は患者のそばでそんな嘆きは言って はいけないんだろうけど)

入院してみると色々と見えてくるなって思う。
特にあるのが、身体が動くということもそうだけど、人という存在。
人の中で生きているんだなって、、、生かされているんだなって、そう思う。

それに、担当医にも言われたけど、「あなたは我慢しすぎです」と。
はい。
たぶん、自分の一番、悪いところですね。
白旗を揚げない。
ヘルプを出さない。
逃げない。
だから、余計に悪化させる。
何につけても、自分で解決しようとするクセ。
白旗を揚げれば見えてくることもあるのに、それをしない。
どうにかしないとなぁって思う。

それに医療の現場って、本当、大変だと思う。
24時間、休み無し。
次から次へと仕事をこなていく。
医療の問題とか、色々と言われているけど、この垣根の一部を見ていたら、看護する側も看護される側も、倖せで優しい医療を創ることは並大抵なことではないなってそう感じる。

体調は不安定だけど、頭の中は幾分元気なんで、考えること豊富なんで(笑)、思いついたら、書いてみたいと思います。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外は、雷がなって大雨です。
でも、涼しくなって良かった。

さっき、退院してきました。
一週間の入院生活でした。

家の匂いっていいですね。
今まで気がつかなかったけど、こんな匂いがするんだと、心底実感しました。

ずっとベットの上だったので、病棟から駐車場まで歩くのが精一杯だけど、外の空気に触れたり、地面を自分の足であるいたり。
そんなことを再び出来る幸せ感がなんとも言えないです。

さっき、風呂に入って、ゆっくりしています。
一週間ぶり。
救急車で運ばれた時も雨だったなぁなんて、湯船に浸かりながら振り返っていました。

結局、一歩進んで半歩下がるっていう感じでしたが、今回の入院が少しでも良い方向に進んでくれるとありがたいです。

今、変んな気持ちですべてが監視されていた病棟暮らしという窮屈感から自由になった解放感もありながら、何でもかんでもかごの中で守られていた鳥 が外に出る怖さと言うか不安感というか、これからどうすればいいのかって途方にくれるゆうなそんな感覚にも襲われ、本当に退院で良かったのかと、葛藤みた いなものを抱いています。

どちらにせよ、10月頭の再手術までをしっかしゆっくり待たないとですね。がむしゃらにじたばたするのではなく、今は、時に、そして「神」に委ねるときだと思ってます。

詳しく経緯とか報告は、また、書きますね。
応援してくれた方。
見守ってくれた方。
祈ってくれた方。
共感してくれた方。
お見舞いしてくれた方。
足跡やコメントやメッセージやメールや電話をくれた方。
本当にありがとう。

当たり前のようで当たり前でない大切で大事で愛しい仲間や繋がりがあるって素晴らしいなぁって思っています。

感謝です。


外では、雷が重低音の地響きと光と共に鳴っています。

さっきから、今日、外れたはずの左手にあった点滴と右手にあった患者識別タグと胸にあった心拍計の感覚がいまだにある。
つけているときは嫌だったのに、これらに自分の命が守られ、生かされていたんだなって気づくと愛しくなる。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
いやはや...。
麻酔がうまく効かなくで、死にかけましたにぽぽです(笑)

端的にいえば、手術は失敗。
部分麻酔でやったのですが、カテーテルが上手く通らず、再度やり直すことに。
今度は、全身麻酔でやります。
あの痛みは何???
女性の陣痛の方が痛いのかもしれないけど、匹敵するんじゃないかってぐらい。

女医さん曰わく、「痛みに強いですね...。」って、本人、それどころじゃないですから~!(笑)

というわけで、10月頭に再度やります。
今度は、全身麻酔ですが、麻酔が切れてからが怖そう...。
今ですら、痛くてしかたないのに...。

ということで、こんな感じです。

明日、一時退院。
こんなんで退院して大丈夫なのかっていう気もするけど、入院病棟、満室なので追い出されるのだと思います(笑)

しばらく、自宅で療養に励みます。

病室から見える街並みも眠らないけど病院も夜がないですね。私も含めて、患者一人ひとりのわがままを聴いてあるいて対処して。
本当にありがたい存在です。

もうすぐ見回りにくるので、今日はこのへんで。
おやすみなさい。
ありがとう。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
みなさん、いつもありがとう!
今日は、会社の方と親友がお見舞いにきてくれました。
こうやって気にかけて、ここまで来てくれるなんて本当にありがたいです。
繋がりって本当に幸せに感じます。

また、方針が変わりました。症状が今一安定しない状況がいくつかあったので、主治医と相談。

変に様子見をしてまた悪化させても仕方ないので10月頭にやる予定だったオペを前倒しでやることになりました。

入院延長です(笑)

今週いっぱいか、9月いっぱいか。

変に中途半端に退院しても、また、ずるずるやるだけなので、しっかしやって、元気な姿で戻れるようにしたいと思います。
色々と心配かけてごめんなさい。
不安いっぱいあるけど、みなさんがいることを胸に、前に足を進めたいと思います。
本当にありがとう。
感謝です。。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
こんばんは(笑)

今日は、凹み気味です。
やはり、様子がおかしく、治療法が変更。
さらに面倒なことになりました(笑)

(笑)って書いているけど、笑ってもいられないのかもしれませんが。
今、強制排尿処置を受けてます。
管が股間から出てます。
これ自体は2~3日ではずれますが、流石に精神的にも肉体的にもきつい。

普通に動けるって、本当に素晴らしいよね。
今更だけど、本当にそう思う。

明日の検査次第で、明日か明後日には、自宅にうつれそう。

こうなると焦っても仕方ないので、女医さんに任せて、じっくりとみてもらいます。

そうそう。この美人すぎる女医さん、30歳前後で助教授であることが判明。
すげっ...。

ついてくれている看護士さんも優しい形で話を聞いてくれるし、こういうのも、必然的な出会いだと思うので信頼して任せてみます。

では、おやすみなさい。
いつも、足跡やコメントやイイネをくれてありがとう。

こっそり、見るたびに、安心をいただけてます。感謝です。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
みなさん、本当にありがとう。
今日は、お腹を壊してしまいました。
でも、少しずつ安定してきたので大丈夫です。

朝が来るっていいですね。
眺めバッチリの病室なので朝焼けも夕焼けも見えます。
富士山も見えました

病室から外を眺めるとこの世界で生きてきたことに、いつも以上の幸せを感じてきます。

食事ができること。
家族がいること。
助けてくれる看護士さんがいること。
メッセージをくれる仲間たちがいること。

ひとつひとつに有り難みが湧き上がってきます。

元気になったみんなに逢える日を楽しみにしていますよ。

みなさんに感謝です。
ありがとう。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
皆さん、あたたかいメッセージをありがとうございます。

まだ、調子悪いですが、検査結果も安定してきたので、退院の目処がたってきました。
自宅での療養にうつれそうです。

眺めのいい病室で食事も良いので快適ですよ。
でも、長居するところではないので、とっとと良くして脱出します。

看護士さんの目を盗んで書き込みしているので詳しくは退院してから。

ということで心配してくれてありがとう。
みなさんがいてくれるから不安な病室暮らしも安心していられます。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
皆さん。今、病院内です。木曜日の夕方に救急車で運ばれました。 昨日は、高度治療室でしたが、今は、一般病棟に移りました。退院未定ですが死ぬような話ではないので心配しないでください。病棟内携帯禁止なのでしばらく 連絡不能になることをお許しください。また、連絡します。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
9月11日の朝、目が覚めたら9時11分だった。
さっき、うとうとして、少し寝ていてふっと目が覚めたら21時46分(第1機目が衝突した時間)。
やっぱり、こう日なんだと、実感する。
そういえば、あの時も、頭痛がひどくて、早めに就寝していて、急に胸騒ぎがして起きてテレビを付けたら、ビルが崩壊していたっけ・・。


9月11日。
午後からKOKIAのファンクラブ向けの集い「都会の隠れ家コンサート2」に行ってきました。
去年の同じ、永福町のチャペルの様な会場。

CA3H0050.JPGここのところ、涼しい日が続いていたのに、今日になって、また、猛暑。
でも、前よりも日差しがきつくなく、少し、和らいだ感じでした。

ゆっくりと、余裕を持って行きたかったので、早めに家を出て、早めに着いたのだけど、会場前には、もう、沢山の人が集まっていた。
整理券をもらったら、かなり、後ろの番号。。。。
こりゃ、後ろの席しかないだろうなって、半ば、あきらめて会場に入ったら、前の方に1席だけぽっかり空いていて、ゲット。
2列目の一番左側。
KOKIAのライブ関係はいつも席が良い(笑)
今回もかなりグットなポジションでした。
エアコンの風がかなり冷たかったけど・・・・(笑)

CIMG8082.JPG KOKIAが登場し、一曲目のBirthのピアノバージョンから、すでに撃沈し、終始、泣いてました。
「この地球がまるいお陰で」や「私が見たもの 」でピーク。。。。「Remember the kiss」のみんなとの合唱では震えてました。
一昨年のファンの集いの時も終始、嗚咽上げそうな状態までになったけど、今回もそんな感じでして。。。
やっぱり、疲れてるのか、、、????

ほぼ、生音に近い歌声に終始癒されっぱなしでした。
聴いているだけで、どこか、違う世界に行きそうで、、、本当に教会で聴いている感じ、、、。
澄み渡る清らかさがよかったです。

1時間半のライブが終わったら、もう、放心状態。。。
力が抜けてしばらく立ち上がれなかった・・。


ファンクラブ向けは、ファンとの距離も近いし、手が届きそうな場所で歌ってくれるので良いのだけど、それ以上に、MCも面白い。
今回は、プロの歌い手さん・・・表現者としての想いや気持ちも聴くことが出来てよかった。

自分も講演とかイベント演出とかする時、一番、どのような形にすればお客様に伝えられるかをいつも考えているけど、技術的なこともそうだけど、それ以上に、どんな想い、気持ちで伝えていきたいか、メンタルな部分での伝え方っていうのも大事だなってそう感じることが多い。
技術はそのメンタルな部分を表現する為にあるわけで、技術だけが全てではないって、そう思う。
言葉の並びや間の取り方やスピード。
会場のどこに向けてベクトルを向けて話せば言葉が伝わるかとか、目の前の誰か1人に向けて全身全霊を込めて話す様に伝えていくと会場の全ての人にもダイレクトに伝えられるとか。
会場の一人ひとりの反応を見ながら、その場で臨機応変に変えていくとか。
自分がいつも気にしていたり注意していたりしていたことを、KOKIAの話でも同じことを言っていたので、やっぱり、プロの方も同じなんだなぁって、うんうんとうなずいてしまいました。

どのイベントでも講演でも、表現するって、ほんとに難しいし、ひとつ間違えただけでも、伝えたいことが伝わらなかったり、変な伝わり方をしたり と、大変だけど、自分の思い通りに伝わった時や自分が意図していないそれ以上のことがしっかりと伝わっていた時は、やっぱり、うれしいと思うし、やってよ かったって感じる。
ある意味、表現する側の醍醐味でもあるし、怖さでもあるけど、でも、こういう仕事はこれからもやっていきたいとそう感じる。
それが自分の使命でもあるし、一人でも多くの人の生きる力の手助けになるのなら、皆が笑顔になるまで、倖せに感じられるまで、少しでも、この世に残し続けて行きたいとそう思う。

ライブの最後は、恒例の「Remember the kiss」。
911の時に出来た曲。
その曲をみんなで最後に合唱しました。
いろんな想いが詰まった歌で、自分があの時に感じた想いも描かれているので、この曲を聴く度に、あの光景を思い出してしまいます。
この地球に産まれたのだから、宗教や思想や立場が違えど、共に生きる道を選べるように。
もう誰もが泣くこともないように。
悲しむことにないように。

自分もしっかりと想いを伝えられる側として生きていきたいって、そう思う。

「Remember the kiss」

歌詞:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B05186

最後は恒例のKOKIAのお見送りタイム。
去年は会場から出るまでに1時間以上もかかっていたので、今年は写真撮影もサインもダメって聞いていたのだけど、どちらか一方だけならOKになったみたいで、写真撮影をしてもらいました。

CIMG8083.JPG去年と同じく、やっぱり、顔が引きつっている・・・・・・汗
はい、KOKIAの前では、やっぱり、緊張しますです(笑)
でも、顔を覚えていてくれて、いつも「あっ、久しぶりですね!来てくれたんですね!」って言ってくれるので、なんとも、うれしいかぎりです(笑)
握手してもらって、帰路につきました。

KOKIAさん。
スタッフのみなさん。
会場に向かう途中、「KOKIAさんのライブに行かれるのですか?大丈夫ですか?大変そうだから・・」と声をかけてくれた方。
席のお隣だった方。
他にも手助けしてくれた皆さん。
気を配ってくれた皆さん。
ありがとうございました。
素敵な時間を感謝しています。

9月23日の六本木STB139は、友人主催のイベントへ応援に行くので行けないけど、年末のコンサートには必ず行くぞ~!



シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
で、(笑)

チーム『宇宙の約束』のWEBが新しくなりました。

http://www.team-soranoyakusoku.jp/

URLも新しくしたので、こちらを登録してね。

PC用と携帯用で分けていますので、そちらをクリックして下さい。
携帯用は今まで使用していたページに飛ばしています。
クリックしなくても5秒後には、PC用に飛ぶようにしています。

一応ですが、PC用のWEBも携帯で見られるようにしています。
が、あくまで暫定的な処置しかしていないので、文字化けとか色々とあるかと思います。
ご了承くださいませ~。
(将来的には統合します)

今までちゃんとやっていなかった、過去のイベント報告なども、逐次、アップして行っています!
写真付きで!
今、今年、はじめの2周年記念イベントの写真をアップしようとしているんですが、いかんせん、1000枚近くあるんで、どうしようかと悩んでます(笑)

なんとか100枚ぐらいに絞って、スライドショー形式でアップしますです。

というわけで、これからも、どうぞ、よろしくお願いします!

あ、Twitterアカウントも取りました。
フォロー、よろしくね。

http://twitter.com/tsoranoyakusoku

   ↑
文字数制限で「ちーむそらのやくそく」とは出来ず、本家本元のそらのやくそくと区別するために、最初に「t」を入れていますので、お間違いの無いように。。。。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
最近、Twitter&mixiボイスばかりで、完全に日記がご無沙汰しているにぽぽです。
はい、すいません。
色々あって、書けずにいました。

Twitterの記事は、mixiボイスかこちらから見てね。
http://twitter.com/nipopo

過去ログもあります。
http://twilog.org/nipopo


相変わらず、会社、忙しいです。
帰ってきたら、ヘトヘトです。。


先週の日曜日は、ドリームプランプレゼンテーションin埼玉に行っていました。
いつも12月にやっている(株)アントレプレナーセンター主催のミニチュア版かと思っていたら、全然違った・・。
かなり、よかった!!
パワーあるわ。。。

他人の夢を聴いていて、なんで勇気や力になるんだろうって思ったけど、色々と考えていたら、「本当の夢」を持つことって、その人本人の生きる原動 力にもなるだけでなく、それ以上に他人を思いやり、他人の倖せを親身になって真剣に考え、思える、、、その心・・・愛に根源があるからだと気づいた。
だから、聴いていて心地良いし、ワクワクするし、その人を応援したいと思ってしまう。

本当の夢って、本当の愛に直結しているんだ。
心豊かに、心穏やかに、そして、人と人の繋がりを見つめ直し、その根底に愛を見つけることが出来たら、今まで見えていなかった夢がエネルギーとなって、芯からわき上がってくるのかなってそう思う。

夢が持てないっていうけど、人の芯は愛で出来ているんだから、本当は持っているんだよね。
何もない、足りていないと、がむしゃらに生きている内は、見えてこないかもしれないけど、今、ここが、すべて足りていることに気がついたら、自然と、心の中の愛に気づき、夢となって溢れかえると感じます。


そんなこんなで今日、、、っていうか、昨日の10日。
ここんとこ、週に1度行っている病院。
やはり、状況が芳しくないので、来月の頭に一泊二日~二泊三日、正式に入院となりました。
左側の腎臓から膀胱に繋がっている管がなんだかの理由でふさがっていて、もう、動いていない状態。
なので、カテーテルを入れて、管を通す手術をします。
この管、定期的に交換しないとならないので、三ヶ月に一回か、半年に一回か同じ手術をしないとならない。
しかも、死ぬまで。

不安がないわけではないし、不安だらけっていえばそうだし、面倒なことになってしまったっていう感もあるけど、でも、今後のことを考えたら、やるべきことはやっておこうと決めました。
5年以上、なんだかうやむやのままになっていたことが、やっと、一歩目が動き出したわけだし。。。
西洋医学がどうだらと拒否するのは簡単だけど、「まだ若いのだから大丈夫です。一生、薬を飲み続けていくよりも、これをすれば腎臓が復活してくれ ますよ。」と治ることを期待してくれた医者に対し、希望を持ってしっかりと信頼することも大事だと思っているので、色々と考えてやってくれた若い女医さん に命を預けたいと思います。


日付が変わって、911。
この追悼と平和の祈りの日。
毎年、Beinに行ったりしていたけど、今年は、KOKIAのライブがあるので、行ってきます。
KOKIAは、平和への願いを想う曲が多いので、この日に歌声を聴けるなんて、幸せすぎです・・。
楽しんで来ます。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.11

応援サイトバナー

  白雪姫プロジェクトを応援しています

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。