親として

| コメント(2) | トラックバック(0)

和訳:息子グレゴリーとのiPhone使用誓約書 (Gregory's iPhone Contract)
http://in-the-eyes-of-etranger.blogspot.jp/2013/01/iphone.html

色々と賛否あるらしいけど、私は、これぐらいのことはすべきだと思う。

親として。
子を本当に思うならば。

ソニーのPSPとか任天堂のDSのような携帯型ゲーム機が流行りだした頃、近くにいる親との会話らしい会話は一切無く、お店の待合室やベンチ、そして、歩きながら、子どもはゲームに夢中になっている姿とか良く見かけました。

親との会話ってないのかしら?
家ではどうしているのかしら?

って人事ながら心配になってしまう事が多かったです。

私の小さいころもゲームウォッチとか流行りました。
でも、買ってくれませんでした。
パソコンは1台あったけど、ゲームとかのソフトは年に一回、誕生日に買ってくれるだけ。
後は、ひたすら、自分でプログラムを組んで、打ち込んでいた。
しかも、パソコンの前に座るのは、1日に1~2時間とかの制限付き。

テレビとかも同じでした。

その時は、辛かったし、周りは持っているけど、自分は、持っていないモノが多くて、悲しかったけど、今思うと、これも愛なんだなって思う。

パソコンとかできない間に、勉強したり、本を読んだりできたのだし。
外に出て遊んだりもした。
それだけ、想像力も、体力もついてきた。
今、その時の経験が役立っていることも多いように思う。

なんでもかんでも与えれば良いだけの子育ては、結局、受け身オンリーの思考しか持ち合わせていなく、マニュアル通りのことしかできない、コミュニケーションがうまくいかない人間が育ってしまうように思います。

機械の冷たさよりも、人の温かさを知る時期を逃してはならないと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/273

コメント(2)

にぽちゃん

同感!!!

コメントする

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.11

応援サイトバナー

  白雪姫プロジェクトを応援しています

このブログ記事について

このページは、Nipopoが2013年1月 8日 00:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年始に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。