音楽の最近のブログ記事

変なブログタイトルと思いでしょうが。

今日、2年2ヶ月ぶりに電車に乗りました~(笑)

友人の宝木さんたちがやっているotoyomiコンサート があったのですが。
今回の会場は、えらく込み入っていて、ネットとかをみても「あまり、車では近寄らない方がいい」と書かれるぐらいの場所でして。
車を止めるところがあまりなさそうだし、ぐるぐると探さないとならないし、都心側に近いほど、やっぱり駐車料金がめっちゃ高いし、どうしようかと思ってました。
悶々と、いろいろと悩んだけど、ふっと、閃いた。

「そうだ、電車で行こう」

中央線側は混みそうなので、京王線側の最寄り駅まで車で行き、そこから電車に乗って行きました。

いや~、やろうと思えば、やれるもんですね~(笑)
今日は、午後からどしゃ降りの大雨で、やっぱり、それなりに、すっごく疲れてしまったけど。
でも、今、「やったー!」っていう気持ちが心の中を駆け回っています。

電車の中の雰囲気も2年2ヶ月前と変わらないですね(笑)
電車が新しくなっていたり、車内やホームの表示とか変わっていたりするけど。
あと、変わったと言えば、前は、みんなが車内でのぞき込んでいたのは携帯だったのに、今はほとんどがスマホになっていたぐらいかな(笑)
昔懐かしい光景を見ていて、「ここに、来られたこと」が嬉しくなってしまいました。

足の付け根の大腿骨頸部骨折をしてから、立ったり歩いたりするのは、まだまだ不安定な状態で。
電車の揺れとか乗り降りとか、無理だろうなって思っていたのだけど。
いざとなれば、何とか、やれてしまいました。

入院中のリハビリからそうだったのだけど、昨日出来なかったことが、次の日には出来るようになっていたり。
こうやって一つひとつ出来る事が増えていくってやっぱり嬉しいものです。

何度も言うようだけど、当たり前のように出来てきた事が、ある日、一瞬のうちに出来なくなり。
その時は、どうにもならないぐらい悔しい思いもしたのだけど。
人生を一旦ゼロリセットしたつもりになって、一つひとつ乗り越えていきました。
辛いこともあるけど、嬉しいこともあるなって思う。
そして、出来ることってほんと有り難いことなんだなって思います。

何だかね。
テレビゲームをやっているようです。
一つの面をクリヤーしたら、次の面をクリヤーするために、色々と試行錯誤して。
そして、クリヤーしたら、ほんと嬉しくて。
次の面にいくことがワクワクしてくる。
この繰り返しなのだけど、この繰り返しがまた楽しいって思う。

入院する前には、味わえなかった喜び。
今、そのことをしっかり味わえるのが、とても、嬉しく思う日々となりました。

あ、otoyomiコンサート 、よかったですよ(笑)
そっちがメインなんです(笑)

独特の幻想的な空間に浸ってきました。
前から、CDとかで聴いたりはしたのだけど。
今までにない、空間が素敵で、ファンになってしまいました(笑)
また、この世界に酔ってみたい。
そんな気持ちでいっぱいです~。

先週のライブに引き続き、今日も一緒に付き合ってくれた友人にも感謝です♪
ありがとうございました!
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
もう、日付は変わってしまいましたが、3日は友人とライブに行っていました。

KIMG0267.JPG
新堂彩さんのライブです。
KOKIAの時もそうだったけど、二度と行けないだろうとずっと思っていたから、こうやって行けること自体が幸せすぎて。

彩さんは3~4年ぐらい前からちょくちょくライブに行っていました。
mixi側の友人繋がりからひょんなことから繋がって、ご本人からお誘いを受けて行ったのが最初。

入院中も、色々と気にかけてくれていて本当に有り難かったです。
手術後で、麻酔もろくに効かず、夜中の2時か3時に「痛い、きつい」ってTwitterで呟いたら「同じ時間に起きている人がいるだけでも安心すると思うから」とtweetしてくれた時は、涙が出ました。
相手の心に寄り添うってこういう事なんだなって思った瞬間でした。

だから、退院したら、必ず、ライブに行こうって思っていたのだけど。
身体が動かず、やっぱり無理で。
何となく、諦めていたのですが。。。。
でも、良い形に動けるようになり、2年半ぶりに逢いに行けました。

やっぱり、生歌はいいです(笑)
ユーチューブとかCDとかでは味わえない感動があります。
ほんわか、わくわくな時間でした。
そして、歌を聴きながら、今までのことを色々と考えてしまいました。
やっぱり、これでよかったんだと。
そう一つひとつを思い出していました。

久しぶりの人や場所に行くと、今は、感謝しかないなって思います。
昔は、当たり前の様に出歩いていたし、当たり前の様に人とあっていたけど、今は、一つひとつが奇跡の様で、新鮮で、クリヤーで、リアルで。
一つひとつが身に染みて、「よかった」って思えるのです。
一つひとつが心底愛おしいく思えてくるのです。
だから、「よかった」って思える今が一番幸せなんだと、そう感じるのです。。。。 

シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
CIMG0466.JPG今日の戦利品。
2年ぶりの記念撮影。

17日は、KOKIAさんのライブでした。
都内某所の一角にある教会の様なホールでの会員向けのシークレットライブです。

最後にKOKIAさんのライブに行ったのは、2年前のやはりこの場所でのライブでした。
その1週間後に病院に運ばれました。

病気で倒れ、長期入院となり、なかなか動くこともままならない中、もう、こうやってライブにいったり、生歌を聴いたりすることも出来ないだろうなってずっと思っていたから、こうやってここに来られたこと自体、感無量でした。

久しぶりに生歌を聴いて、やっぱり、KOKIAさんは生歌が一番で、もう、ゾクゾクしっぱなし。
そして、退院後、長い長い病気療養中、自分を励ますために、リプレイで何度も何度もずっと聞いていた一曲「moment~今を生きる~」を、生歌で歌ってくれた。。。。
もう、全身、電気が走り、イントロですでにうるうるでした。


「失ったものがあるなら、それにも増す愛で生きよう。」
「失ったもの以上の、愛が私を輝かせた」

だから何も怖くないし、恐れることもない。
自分の中の魂がこの一節にリンクし、勇気付けさせてくれるのです。

10月8日の『天から見れば』上映会 の中で講演をさせて頂くのですが、この曲はその講演のテーマソングなんです。
だから、今日、この時に、この曲が聴けて、本当によかった。
さらに、背中を押された気がします。

 今日の日がむかえられた事。
その全てに感謝します。
そして、今日、付き合ってくれた友人にも感謝します。

過去に、今に、未来に
その全てに、本当にありがとうございます。。。。


シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
去年の7月、チーム『宇宙の約束』主催のイベントで出演して頂きましたAKIRAさんのイベントが都内の各所で行われます。
AKIRAさん、先日まで南米旅行をしていました。
そこで感じたことを曲にして、言葉にして、語り、歌ってくれます。
前のイベントも含めて、都心側のイベントへの参加は、私はまだ無理ですが、もし、お時間があるようでした、ご参加ください。
よろしくお願い致します。

-----------------------------------

5月17日(火)~5月23日(月)
★☆★AKIRA展★☆★
◆月日◆2011年5月17日(火)~2011年5月23日(月)@東京都新橋
◆開館時間◆10時開演/18時閉館(入館は17時30分まで)
◆入場料無料◆
◆5月21日(土)はライブがあるため、AKIRA展はチケットがある方のみのご来場となります。
◆会場◆アトムCSタワー/亜吐夢金物館ビル 8階ギャラリーと屋上
住所・地図・行き方は下記ご参照
http://www.atomlt.com/atom_cs_tower/access.html

★AKIRA展「AKIRAの歴史」★
ネアリカとはメキシコ山岳部に住む先住民族「ウイチョル族」がつくる毛糸絵画です。シャーマンがヒクリ(幻覚サボテン)を食べて見たヴィジョンを 極彩色の毛糸で描きます。現地でその技法を学んできたAKIRAは、自分独自のネアリカを作ろうと思い立ちました。膨大な手間と時間を労するため、イン ターネットでボランティアを募集しました。沢山のボランティアが北海道から広島、果てはミラノやベルリンからかけつけてくれました。参加述べ人数は計 560人にものぼります。家族を失ったAKIRAはネアリカという毛糸で繋がれた560人もの新しい家族に出逢い毛糸という言語を借りて語りかけてくる 様々な「カムイ=神」を描きました。
ネアリカという言葉の意味は、毛糸絵画だけではなく「異なるものをつなぐ虹の橋」「あの世とこの世をむすぶトンネル」という意味もあります。 AKIRAと新しい家族、そして全国へ飛び火していったネアリカンたちひとりひとりが旅をし、異なるものと出逢い、違いをリスペクトし、想いを分かち合 い、創造する生き方を学び、モノトーンの世界を虹色の毛糸で色づけ繋いでいく。ネアリカは単なる毛糸絵画ではなく、世界をつなぐ魂の糸なのかもしれませ ん。

本展では、AKIRA自らが見たヴィジョンそのものが2m級の超巨大なネアリカとなり展示されております。また、普段見ることができない貴重なアメリカ時代の油絵、ヨーロッパ時代の油絵、書道、書籍、生原稿、手書きのポエム、写真、陶芸作品なども展示いたします。
生涯アーティストであり旅人であり続ける「AKIRAの歴史」に網膜からふれて頂ける貴重な機会となります。今回会場をご提供して頂いたアトム CSタワーさんのご協力のもと、ギャラリーの他に屋上(野外)に特設展示場をもうけました。アトムCSタワーさんが作りあげる唯一無二のギャラリーと屋上 に突如あらわれる異空間「AKIRA展」で、皆さまの期待を裏切れることを楽しみに、心よりお待ちしております。

★5月17日、5月20日、5月23日には個展がおこなわれるギャラリー内でネアリカワークショップをおこないます。ワークショップをおこないながらAKIRAさんが展示作品の説明などをしていただけるかも。お楽しみに!

5月17日(火)AKIRA個展「ネアリカワークショップ」13時~16時
場所:東京新橋アトムCSタワー 
 
5月20日(金)AKIRA個展「ネアリカワークショップ」13時~16時
場所:東京新橋アトムCSタワー 

5月23日(月)AKIRA個展「ネアリカワークショップ」13時~16時
場所:東京新橋アトムCSタワー 

【「虹のピース」ネアリカワークショップ&被災地の声】
AKIRAさんと毛糸絵画(ネアリカ)を一緒に作って被災地に色を届けよう
◆月日◆5月17日(火)20日(金)23日(月) ◆時間◆13時~16時 
◆場所◆アトムCSタワー ★部屋は当日入り口でお伝えします。
◆参加費◆募金制(ネアリカ作成費やAKIRAさん被災地チャリティツアー代に充てさせて頂きます)
◆持ち物◆はさみ、木工用のボンド
◆参加メール◆ akira_9love@yahoo.co.jp
(1)参加したい日にち。(2)参加人数(お子さんの参加の場合は年齢も)

★被災地宮城県石巻に計32日間滞在した渡辺類子が被災地や被災者の声をお伝えします。泥や瓦礫がまだまだ多い中で、色を届けていきたい。小さい お子さんから大人まで楽しめるネアリカをアキラさんと一緒に作りあげ、それを被災地へプレゼントします。ひとりひとり作りあげた作品というピースが、被災 地へ虹の絵となり届きますように。。。
★AKIRAはライブと同時に全国でネアリカワークショップをおこない、幼稚園児からお年寄りまで、ネアリカの素晴らしさを伝えています。大人も 2歳の子どもも驚異の集中力で、毛糸を一本一本それぞれのキャンバスへ、それぞれの想いで貼っていきます。日常生活では隠された「心」そのものが毛糸を通 して語りかけてくる、そんな素晴らしい作品にあなた自身が出逢ってみませんか?ネアリカの作り方は超簡単。展示されたネアリカや絵に囲まれながら AKIRAと一緒にネアリカ作りに挑戦してみて下さい。小さなお子さんの参加大歓迎です。

5月21日(土)東京新橋アトムCSタワー
主催:るいるいサンタ
場所:東京新橋アトムCSタワー 
昼の部:13時開場、14時開演「AKIRA新曲ライブ☆トーク」
夜の部:17時開場、18時開演「AKIRAセルフストーリオペラ」

お申し込み:http://kokucheese.com/event/index/10815/
こちらへの接続が難しい場合は、akira_9love@yahoo.co.jp宛に、お名前(ふりがな)/参加人数/昼夜通しor昼の部のみor夜の部のみをお知らせ下さい。

★☆昼の部☆★「AKIRA新曲ライブ☆トーク」
AKIRAが南米旅行中に作った新曲を披露。
日本から遠く離れた地球の裏側で震災を知り、自らが出来ることは何かと 自問自答したとき出てきた答え、それは「歌うこと」でした。
AKIRAを通して届けられるメッセージ、今こそ聞いてもらい「歌」があります。
南米10カ国以上を旅したAKIRA独特の旅話もたっぷりとお届けします。

◆日時◆
5月21日(土)13時開場/14時開演 15時30分頃~17時 tea time
デザート&ドリンクと共に、AKIRAや参加者との交流会
CD・本の販売、同時開催中のAKIRA展(絵画等AKIRA作品の展示)
キャンバスとなった空間で、AKIRA作品に囲まれながら、アーティストとしてのAKIRAさんの広さと深さをたっぷり堪能できます!

★☆夜の部☆★「AKIRAセルフストーリオペラ」
2011年2月9日南米旅行前ラストライブでおこなわれたAKIRAセルフストーリーオペラ 「COTTON100%落ちろ 落ちろ そして目覚めろ」は本人の予想をはるかに超える大反響をいただきました。
NHK「日本の100冊」に選ばれた小説「COTTON100%」がついにオペラ化され、見た方々からは 「本を読んだ時よりも何倍もの衝撃だった。本当にあり得ないくらいに 過激で刺激的で面白い」 「アキラさんの歩んできた人生を映画のように見た気がします」 「導き出される答えは「真実」で、どんな言葉よりも説得力があって、胸が熱くなりました」 「AKIRAさんと一緒に旅をしました」など多くの熱い感想が寄せられました。
旅立たせマニアのAKIRAが自ら語るセルフストーリーオペラです。
※2月9日 に開催した「AKIRA自身が語るセルフストーリーオペラ」アキラさんのブログから
http://ameblo.jp/akiramania/day-20110210.html

◆日時◆
5月21日(土)17時30分開場/18時開演  19時30分頃~21時 dinner time
ブラジル料理&ワインを楽しみながら、AKIRAや参加者との交流会
お洒落なバーラウンジ的な空間での贅沢なひとときをお楽しみ下さい♪もちろんCD・本の販売もあります☆

◆参加費◆
昼夜通しチケット(前売り5月13日迄)5000円 (デザート&ディナー&ドリンク付)
昼夜通しチケット(5月14日以降・当日含む)5500円 (同上)
昼の部のみ3000円(デザート&ドリンク付)
夜の部のみ4000円(ディナー&ドリンク付)
※今回の収益の全額を東日本大震災の被災地チャリティツアーに充てさせて頂きます。

◆会場◆ アトムCSタワー(東京都港区新橋4-31-5) 
新橋駅、御成門駅、内幸町駅より徒歩7分(新橋4丁目交差点にあります)
http://www.atomlt.com/atom_cs_tower/access.html

◆お申し込み・お問い合わせ◆ 
http://kokucheese.com/event/index/10815/よりお申し込み下さい。
こちらへの接続が難しい場合は、akira_9love@yahoo.co.jp宛に、お名前(ふりがな)/参加人数/昼夜通しor昼の部のみor夜の部のみをお知らせ下さい。
電話でのお問い合わせは 090-7863-8060 まで。

◆料理について◆
今回の料理のテーマは、"ブラジル100%?!"です★
アキラがブラジルで味わってきた料理を、アキラのトークとブラジルで日本を想いながら作った歌と共に味わいます。
ブラジルから持ち帰ってもらった食材を使って料理するのは、"Earth Kitchen"のひろこです。
「心と体と地球にやさしい食を通じて、いろんな"つながり"を感じてもらいたい」と活動しています。アキラの歌をいつもリピートして聴いてたらだんながお風呂に入りながら口ずさむようになった♪と喜んでいる、アキラの大ファンです(*^o^*)

前回2月9日は立ち見が出るほどの大盛況でした。
ぜひ、お早めのお申し込みをお勧めいたします(^O^)/
両手をいっぱいに広げてお待ちしております\(^o^)/
愛と地球にエイエイオー!るいるいサンタ☆
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
毎日、日本中や世界中で沢山の出来事が流れ、ついていくのがやっとです。
でも、そんな中でも、命がある私は、日常もしっかりと生き、歩んでいかないとって、毎日、毎時、思っています。

連休明けから、仕事に復帰しました。
復帰といっても、試用期間みたいな感じですが。
週に3回、6時間勤務です。
最初の一日目は、やっぱり、きつかった。
会社にいるうちは、緊張しているせいか、「キツイ」とは思っていなかったけど、返ってからドッと疲れが出て、爆睡。
身体中が痛かった。
でも、2回目、3回目と出勤している内に、少しずつだけど、慣れてくる。

Twitterでは書いたけど、仕事に向かう姿勢というものが、入院前とは不思議に違います。
何となくだけど。
集中力も違う。
仕事が出来て嬉しいという言葉とは違うような気がするけど、仕事に対する意義を感じて仕事が出来ている。
そんな感じ。
身体が何ともないと「仕事なんてめんどくさいなぁ。。」って思ってしまっていたけど、いざ、動けなくなって、「寝たきり」とまで宣言されてみると、仕事が出来ていたことがどんなに有り難い事かが、身に染みてわかった気がします。
仕事とは、社会への奉仕だし、社会との接点でもあり、関わっていくことでもある。
この仕事を通して、いろんな人の役に立ち、繋がっていけるんだなぁってそう感じる。
そして、その事が、生きる証なんだって、そう思うのです。

ちなみに、試用期間なんで、今、給料ありません。
でも、やる気に満ちています。
「お金をもらえるから、仕事するか」という発想、今、全然、無い状態です。


そして、昨日、国立に外出。

会社には独りで出かけるけど、ドライブに行ったり買い物に行ったりというのは親に付き添いをしてもらっていました。
今日は、退院後、初めての独りでの外出。

友人の希美ちゃんとゲンちゃん、ご夫婦出演のイベントが「たのしい音楽会~しあわせみんなの玉手箱~」が国立駅前のせきやビルのESOLAホールであったから。

独りでの外出。めっちゃ怖かった。。。
緊張しまくって、心臓が飛び出るぐらいドキドキでした。。。

あれがあったらどうしよう。
こうなったらどうしよう。

と色々と頭を駆け巡っていました。

怖い怖いって言っていたら何にも出来ない。
始まらない。
前の様に、仕事以外は家の中に閉じこもるしかなくなる。
それは嫌。

前に進む為の意を決しての挑戦でした。

車で30分前後で行ける事。(これ以上は身体が痛くて座ってられない)
駐車場が広く、会場から近い事。(まだ、へっぴり腰なんで乗り降りがしやすいところ)
車椅子でも移動しやすい事。(まだ、危なっかしいので、要所以外は車椅子移動中心)
オストメイト対応のトイレがあるかなど、現段階の私の身体では、色々と最低条件がありまして。。
でもこのイベントは、これらの条件を満たしているし、何とかなりそうでした。

行けて良かった~♪
希美ちゃんやゲンちゃん、そして、出演者の皆さんの演奏やパフォーマンスを聞けた事も良かった。
病院内の定期演奏会以外は生音は久しぶりだったから感動した。

希美ちゃん、ゲンちゃん以外にも、久しぶりの友人たちにも逢えた。
出会えた事を喜んでくれたり、帰りにその友人の一人に駐車場まで色々と手助けしてもらったり。
本当に良かった!

ちょっとだけハプニングがあったけど(ストーマの装具がはずれて漏れ出してた~(>_<))、何とか帰ってこられました。

国立なんて、昔は庭の様な場所なので、簡単に行けていた所。
今では、こんなにドキドキしながら外出するなんて思ってもいなかった。
外に出かけられる事、生で音楽を聴く事ができる機会に巡り会えた事。
イベントで楽しめた事。
友人たちに逢える事。
そんなことが、こんなにも大切で大事で有り難い事だったなんて思わなかった。

寝たきりだった時、自分が出歩けるなんて想像もつかなかった。
みんなの歌とか聴きながら、ここ半年の自分が走馬燈の様に浮かんできて、自分がここまで来られたのが、なんだか不思議な感覚でした。

帰ってから、行けて良かったと安堵感。

みんなに支えてくれたお陰でここまで来れた。
希美ちゃんやゲンちゃん、出演者の皆さん、出逢えた友人の皆様。
心配しながらも送り出してくれた両親(最初は大反対でした)。

イベント最後の「ふるさと」と「翼をください」の合唱。
帰れる場所があること、そして、自由に羽ばたける翼があること。
ホントに大切に感じられた。

色々と大変な世の中。
イベント内の催しで、今、起きている事を詩にした朗読があったけど。
大切な日々が失われていく。

そんな中でも、自分は、こういう貴重な機会に出逢えた事、楽しい時間を過ごせた事。
その事に感謝です。

日常を取り戻すまでには、まだまだ時間が必要だけど、着実に歩んで行きたい。
おこがましい言い方かもしれないけど、日本が日本であることを取り戻す事と、自分が自分を取り戻す事が一緒になってきた。
そうやって、この時代を感じ、生きていけること。。。有り難い日々なのかもしれない。

そんな気持ちも同時に味わえさせてくれた一時。
本当にありがとうございました♪
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1月30日。
チーム『宇宙の約束』3周年記念イベント。
皆様のおかげで、無事に終えることができました。

120名を超えるお客様。
30名強のスタッフ。
応援してくれたり告知をしてくれた皆様。
朗読用データを貸してくれたサンマーク出版の関係者の皆様。
そして山元加津子さんと小林さん。
ゴスペルのTHE SPIRITSの皆様。
最高の会場を貸して頂いた淀橋教会の関係者の皆様。
その他色々な形で支えてくれた皆様。

本当にありがとうございました。

皆様の一人ひとりの想いができたイベント。
その想いが一つになり、会場が優しさやぬくもりに包まれるイベントになりました。

掛け替えのない「いのち」の存在、そのつながり、その奇跡。
それらのキーワードを通して、大切な一人ひとりを祝福することができたように思います。

すでに何人かのお客様から感想を頂いております。
本当にありがとうございます。

チーム『宇宙の約束』の合い言葉。
「すべての人が認めあえる世の中」を目指して、一人ひとりの想いを大切にしながら誰もが繋がれるよう、これからも歩み続けたいと思っております。

今後ともご支援、ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。

ホームページでは、今後も様々な報告や今後のイベントの告知などを載せていきたいと思っております。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。



と、まぁ、今回、私は病院から応援するカタチになりました。
色々と歯がゆい想いや、悔しい想いもあったけど、そんな私の分まで支えてくれた仲間たちがいてくれたおかげで、無事に行うことができたと思います。

色々な形で写真付きの実況中継をしてくれたり(お客様までもやってくれました)、病院にいながら、現場の雰囲気を味わうことができたりして、ありがたいなぁと思います。

自分がいないと成り立たないこともあるけど、自分がいなくても、動く事もあるわけで、世の中って、そんな相互関係で成り立っているんだなぁと思っています。

そして、こうやって助け合って繋がって、一つのことに結集して、みんなで取り組める、最強のチーム『宇宙の約束』のメンバーに出会えて、本当に良かったし、みんなの想いを感じていたら、俄然、みんなの元に帰らなきゃって、新たなチカラを頂けた感じがします。

みんなにありがとう。
感謝です・・・。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
えっと、訂正です。
先にアップしたチーム『宇宙の約束』三周年イベントの案内ですが、受付メアドが間違っていました。

event-0...@team-soranoyakusoku.jp

ではなく、

event-0130@team-soranoyakusoku.jp

です。
コピーしたときに、変換されてしまったみたいです。
確認しないままでごめんなさい。


訂正しましたので、ご覧ください。

http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2011/01/post-103.html

すでに応援告知をしてくださった皆様。
ごめんなさい。
訂正をお願いいたします。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
さて、私が動けなくても、世の中は動いてくれています(笑)

チーム『宇宙の約束』、三周年記念イベントが決定しました!
今回は、山元加津子さんをお呼びしての、講演会となります。

しかも、教会でのイベントです!
なかなか場所が決まらず、支援してくださっている方が紹介してくれたのですが、きっとそれも、意味があると思っています。
きっと、天からの祝福なのでしょう。

いのちをテーマに行います。

いのちの繋がり。
いのちへの賛歌。

加津子さんの講演と共に催されるサンマーク出版から出されています『いのちのまつり』の朗読とゴスペルのライブで、この日に集まり頂いた掛け替えないのない皆様の魂を精一杯祝福したいと思います。

みなさま、どうぞ、よろしくお願いします。

---------<案内開始>----------
===================================
          2011年1月30日(日)
        ~すべての人が認めあえる世の中へ~
        チーム『宇宙(そら)の約束』発足3周年記念プレゼンツ
        ~命の繋がり・・・"生きてきてくれてありがとう~

           山元加津子さん講演会 + 『いのちのまつり』朗読
                *THE SPIRITS ゴスペルミニライブ*
           http://team-soranoyakusoku.jp/
===================================

 ◆~チーム『宇宙の約束』代表大島秀夫(しま平)から皆様へ~

 私は先天性の障がいを持っています。
 子どもの頃から、自分の産まれてきた意味は何だろう?
 自分の存在に価値なんてあるのだろうか?
 ・・・長い間、苦悩しました。

     「お兄ちゃん、頑張ってね」

 見ず知らずの、自分と同じく耳が聴こえない子どもから言われた言葉。
 将来、この子が大人になった時に、自分と同じ苦労をさせたくない。。。

 雪江ちゃんの願いと、その想いを実現しようとする大親友のかっこちゃん。
 以来、多くの仲間と共に数多くの上映会・講演会を催して来ました。

 「みんなが違っていて大切な存在なんだ。」

 命一つ一つの大切さを優しく語りかけてくれているかっこちゃん。
 3周年にあたり、これまでの感謝の気持ちを込めて、
 その講演会をお贈りします。

 是非、聞いて下さい。
 有難うございます。

 ◆開催日◆
   2011年1月30日(日)

   草場一壽作・平安座資尚絵の絵本「いのちのまつり」の朗読
   山元加津子さん講演会・交流会
   THE SPIRITS ゴスペルミニライブ

 ◆タイムスケジュール(予定)◆

  14:00 開場
  14:30 開演『いのちのまつり』~朗読~
  14:55 山元加津子さん講演会
  16:25 休憩
  16:45 山元加津子さんとの交流会
  17:15 THE SPIRITS ゴスペルミニライブ
  17:45 ファイナル&サイン会
  18:10 終演

 ◆場所・交通案内◆

 ウエスレアン・ホーリネス教団「淀橋教会」(定員最大200名)
 東京都新宿区百人町1-17-8(JR中央線大久保駅から徒歩1分)
 http://www.yodobashi-church.com/

 ◆参加費◆

  前売り 大人2,000円 高校生以下/障がい者1,500円
  当日  大人2,500円 高校生以下/障がい者2,000円

  ※未就学児は無料となっています。
  ※障がいをお持ちのお客様で、介助者を必要とする場合は、
   介助者1名まで、前売り1,500円(当日2,000円)にて
   ご参加していただけますので、予約時にご連絡ください。

 ◆お申し込み◆
  下記、お問い合わせ先の受付フォームか、
  メールアドレス、または電話/FAXにてお申し込み下さい。

  ※メールアドレスなどの連絡先に、お申し込みされる場合は、
   ・本名(フリガナも明記下さい)
   ・連絡先(電話番号、メアドなど)
   ・参加人数(大人、高校生以下、障がい者、未就学児)
   ・イベントを知ったきっかけ
  を、必ずお書き添えの上、お申し込みください。

   ※ご意見やお問い合わせなど何かありましたら併せてご連絡ください。

 ◆お問い合せ先◆
  TEL:090-4518-4489(服部)FAX:047-353-6657(服部)
  受付フォーム http://team-soranoyakusoku.jp/event/0130/form/
  受付メールアドレス event-0130@team-soranoyakusoku.jp

 ◆主催◆
  チーム『宇宙(そら)の約束』
  ホームページ http://team-soranoyakusoku.jp/

 ◆山元加津子プロフィール◆

石川県で特別支援学校の先生をしているかっこちゃんこと山元加津子さん。
どんなことでも、どんな人でも分け隔てることなく、ありのままに受け入れ
共に楽しみます。

特別支援学校の子供達との、純粋で心温まる触合いや、その子ども達の
素晴らしい作品を通して、障がいがある人、無い人、全てに理由が
あって生まれてきている、みんながそのままでいいんだ。
ということを語ってくれます。

著書は『本当の事だから』『魔女・モナの物語』
『心の痛みを受け取ること』など多数。
ドキュメンタリー映画『1/4の奇跡』に主演している

  たんぽぽの仲間たち http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/
  ブログ いちじくりん http://itijikurin.blog65.fc2.com/

 ◆いのちのまつり◆
  17万人の子供と大人の目を輝かせた
  いのちの絵本!小学校3年生の『道徳の副読本』に掲載されました。
  作: 草場一壽絵: 平安座資尚
   出版社: サンマーク出版 http://www.sunmark.co.jp/

  出版社のホームページより
  「ぼうやにいのちをくれた人は誰ね~?」
  「それは......お父さんとお母さん?」
  「そうだねえ。いのちをくれた人をご先祖さまと言うんだよ」
  「ねえ、おばあさん、ぼくのご先祖さまって何人いるの?」
  コウちゃんは、指をおって数えてみることにしました。
  すると

  ......あっと驚くようなびっくり仕掛けは「いのち」の大切さ
  みんなに伝えています。

   チラシデータ(PDF)
 http://www.team-soranoyakusoku.jp/data/20110130/pdf/sora_20110130.pdf

※私たちは、誰でも安心して参加できるバリアフリーイベントを
 目指して、字幕を準備するなど、様々な工夫をさせていただいております。
 お身体の事など何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。

---------<案内終了>----------

シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
10月9日に行う『1/4の奇跡』とより子さんのライブ。
http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2010/08/-httpwwwutamapcomshowkasiphpsurlb08649.html

私も出演させていただくことになっていたのですが、辞退させていただくことになりました。
手術後ということもあり、どうなるか全くわからない状況。
ぎりぎりまでがんばってみることもできたのですが、やはり、主催者さんや周りの関係者、そして、お客様にご迷惑をかけることになりそうなので、主催者の方と相談し、辞退させていただくことにしました。

楽しみにしていた方がいましたら、申し訳ございません。
その代わりといってはなんですが、他の方が出演してくれるそうです。
そして、私も、音声と写真と字幕だけですが、メッセージを流してくれることになりました。
休み休み、録音をすませ、主催者さんにはお送りしました。
時間の関係上、カットされることもあるかもしれませんが、もし、流れたら、聞いてやってください。
なれていないせいか、すっごく堅いです(笑)

そういうことですが、映画の上映やより子さんのライブ、しま平くんのトークは健在ですので、きっと、すてきな最高の場になると思っています。
もう、席も残りわずかのようですので、お早めに、お申し込みください。
どうぞ、よろしくお願い致します。

詳細案内や申し込みなどは、こちらにて
http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2010/08/-httpwwwutamapcomshowkasiphpsurlb08649.html

しっかし、正直、悔しいなっていう気持ちがあります。
より子さんとあいたかったのもあるけど、皆さんの前でお話しできないっていうことが大きいです。
こういう思いが芽生えるっていうことは、私も伝える側の人間としての役目を負うことと責任を持つことという気持ちができたんだろうなってそう思う。
今後、こうならないようにしないとってそう思っています。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
9月11日の朝、目が覚めたら9時11分だった。
さっき、うとうとして、少し寝ていてふっと目が覚めたら21時46分(第1機目が衝突した時間)。
やっぱり、こう日なんだと、実感する。
そういえば、あの時も、頭痛がひどくて、早めに就寝していて、急に胸騒ぎがして起きてテレビを付けたら、ビルが崩壊していたっけ・・。


9月11日。
午後からKOKIAのファンクラブ向けの集い「都会の隠れ家コンサート2」に行ってきました。
去年の同じ、永福町のチャペルの様な会場。

CA3H0050.JPGここのところ、涼しい日が続いていたのに、今日になって、また、猛暑。
でも、前よりも日差しがきつくなく、少し、和らいだ感じでした。

ゆっくりと、余裕を持って行きたかったので、早めに家を出て、早めに着いたのだけど、会場前には、もう、沢山の人が集まっていた。
整理券をもらったら、かなり、後ろの番号。。。。
こりゃ、後ろの席しかないだろうなって、半ば、あきらめて会場に入ったら、前の方に1席だけぽっかり空いていて、ゲット。
2列目の一番左側。
KOKIAのライブ関係はいつも席が良い(笑)
今回もかなりグットなポジションでした。
エアコンの風がかなり冷たかったけど・・・・(笑)

CIMG8082.JPG KOKIAが登場し、一曲目のBirthのピアノバージョンから、すでに撃沈し、終始、泣いてました。
「この地球がまるいお陰で」や「私が見たもの 」でピーク。。。。「Remember the kiss」のみんなとの合唱では震えてました。
一昨年のファンの集いの時も終始、嗚咽上げそうな状態までになったけど、今回もそんな感じでして。。。
やっぱり、疲れてるのか、、、????

ほぼ、生音に近い歌声に終始癒されっぱなしでした。
聴いているだけで、どこか、違う世界に行きそうで、、、本当に教会で聴いている感じ、、、。
澄み渡る清らかさがよかったです。

1時間半のライブが終わったら、もう、放心状態。。。
力が抜けてしばらく立ち上がれなかった・・。


ファンクラブ向けは、ファンとの距離も近いし、手が届きそうな場所で歌ってくれるので良いのだけど、それ以上に、MCも面白い。
今回は、プロの歌い手さん・・・表現者としての想いや気持ちも聴くことが出来てよかった。

自分も講演とかイベント演出とかする時、一番、どのような形にすればお客様に伝えられるかをいつも考えているけど、技術的なこともそうだけど、それ以上に、どんな想い、気持ちで伝えていきたいか、メンタルな部分での伝え方っていうのも大事だなってそう感じることが多い。
技術はそのメンタルな部分を表現する為にあるわけで、技術だけが全てではないって、そう思う。
言葉の並びや間の取り方やスピード。
会場のどこに向けてベクトルを向けて話せば言葉が伝わるかとか、目の前の誰か1人に向けて全身全霊を込めて話す様に伝えていくと会場の全ての人にもダイレクトに伝えられるとか。
会場の一人ひとりの反応を見ながら、その場で臨機応変に変えていくとか。
自分がいつも気にしていたり注意していたりしていたことを、KOKIAの話でも同じことを言っていたので、やっぱり、プロの方も同じなんだなぁって、うんうんとうなずいてしまいました。

どのイベントでも講演でも、表現するって、ほんとに難しいし、ひとつ間違えただけでも、伝えたいことが伝わらなかったり、変な伝わり方をしたり と、大変だけど、自分の思い通りに伝わった時や自分が意図していないそれ以上のことがしっかりと伝わっていた時は、やっぱり、うれしいと思うし、やってよ かったって感じる。
ある意味、表現する側の醍醐味でもあるし、怖さでもあるけど、でも、こういう仕事はこれからもやっていきたいとそう感じる。
それが自分の使命でもあるし、一人でも多くの人の生きる力の手助けになるのなら、皆が笑顔になるまで、倖せに感じられるまで、少しでも、この世に残し続けて行きたいとそう思う。

ライブの最後は、恒例の「Remember the kiss」。
911の時に出来た曲。
その曲をみんなで最後に合唱しました。
いろんな想いが詰まった歌で、自分があの時に感じた想いも描かれているので、この曲を聴く度に、あの光景を思い出してしまいます。
この地球に産まれたのだから、宗教や思想や立場が違えど、共に生きる道を選べるように。
もう誰もが泣くこともないように。
悲しむことにないように。

自分もしっかりと想いを伝えられる側として生きていきたいって、そう思う。

「Remember the kiss」

歌詞:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B05186

最後は恒例のKOKIAのお見送りタイム。
去年は会場から出るまでに1時間以上もかかっていたので、今年は写真撮影もサインもダメって聞いていたのだけど、どちらか一方だけならOKになったみたいで、写真撮影をしてもらいました。

CIMG8083.JPG去年と同じく、やっぱり、顔が引きつっている・・・・・・汗
はい、KOKIAの前では、やっぱり、緊張しますです(笑)
でも、顔を覚えていてくれて、いつも「あっ、久しぶりですね!来てくれたんですね!」って言ってくれるので、なんとも、うれしいかぎりです(笑)
握手してもらって、帰路につきました。

KOKIAさん。
スタッフのみなさん。
会場に向かう途中、「KOKIAさんのライブに行かれるのですか?大丈夫ですか?大変そうだから・・」と声をかけてくれた方。
席のお隣だった方。
他にも手助けしてくれた皆さん。
気を配ってくれた皆さん。
ありがとうございました。
素敵な時間を感謝しています。

9月23日の六本木STB139は、友人主催のイベントへ応援に行くので行けないけど、年末のコンサートには必ず行くぞ~!



シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.11

応援サイトバナー

  白雪姫プロジェクトを応援しています

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち音楽カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは野外フェスです。

次のカテゴリは屋内フェスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。