チーム『宇宙の約束』の最近のブログ記事

※チーム『宇宙の約束』のフェイスブックページ用に書いた文を少し変更してアップしてみました。よかったら、読んでやって下さい。

私が今、副代表として関わらせていただいているチーム『宇宙の約束』。

彼らに出逢ったのは、2007年12月15日でした。
そう、友人であり、代表の「しま平」 こと 大島秀夫くんが最初に開催したドキュメンタリー映画『1/4の奇跡~本当のことだから~』の自主上映会の日です。

しま平くんとは、自分がスタッフとしてやっていたイベントに2006年頃に来てくれて、それからの友人でした。
彼から「見せたい映画があるから」と紹介してくれましたのが始まりです。

実は、この日は、地元で別のイベントがあり参加する事になっていました。
なので、最初は、行く予定ではありませんでした。

でも、引っかかるところがあり、何か思うことがあり。
直感的に「行ってみよう」と思い立ち、その地元のイベントを土壇場でキャンセルし、しま平くんが開催した上映会の方に駆けつけました。

なぜ、そこまでして、上映会に駆けつけたのか。
どうして、ここまで気になったのか。

映画を見てわかりました。
自分が、一番、必要としていること。
「障がい」という言葉を受け入れること。
この映画には、その必要としていることのすべてが含まれていました。

この映画に出逢って、はじめて「障がいを持って産まれた自分」を、素直に受け入れ、認められるようになったと感じます。


私は、10年以上、某NGOに関わり、地球環境や国際支援などの啓発活動にボランティアで関わってきました。
イベントを開催したりキャンペーンを組んだりして、楽しく過ごしてきていました。
その沢山のイベントを通して、色々な方々にお逢いし、様々な形で関わってきました。
そして、その中で自分という存在を肯定的に感じること、認めることも少しずつできるようになり、生きている価値を見いだせるようになってきていました。

でも、1つだけどうしても乗り越えられない部分がありました。
それが「障がい者」という自分でした。
「障がい」という言葉でした。

どんなに頑張っても、どんなに自分を認めたとしても、「障がい」という部分に対してだけは、激しい嫌悪感があり、どうしても認められない、乗り越えられない自分がいました。
「障がい」という言葉も姿も見たくもないし、考えたくもありませんでした。

だから、障がいを持った友人は1人もいませんでしたし、作る事もしませんでした。
生まれてこの方、しま平くんが唯一、障がいを持った友人でした。


私は、骨形成不全症という骨の折れやすい病気を持って産まれてきました。
そのため、小さい頃から、自分という存在を否定し続けてきました。
そして、周りに負けてなるものかと、頑張って踏ん張って生きて来ました。

気を抜いたら負ける。
気を抜いたらダメなんだ。
そんな想いの中、がむしゃらに生きて来て、自分も周りも信じられない自分が出来上がってきました。

そのせいもあってか、「障がいなんてあってはならない」と思い込み、それを否定し続け、拒否し続け、自分が持つ障がいに対しても、見て見ないふりをして、逃げ回っていました。

しま平くんに出会い、チーム『宇宙の約束』に出会い、唯一、心の中ででかい壁となっていた「障がい」も、壊すことができました。
自分の中で一番の重荷になっていたことが降ろせたことは、自分にとって、喜びとなり、希望となりました。
本当に、ありがたいと感じています。


私は、ずっと、ずっと伝えたい想いがあります。

それは「誰ひとりとして、悲しくて泣くようなことのない世界にしたい」。
そして、「誰もが共に生きられる世界を創りたい」でした。

皆が許し合い、皆が励まし合い、皆で助け合い、皆で歩み、皆で生きていく。
誰ひとりとして例外なく、全ての人が輝きの中で生きていける世界。

そんな世界を創りたいと、ずっと、思って来ましたし、その想いを実現するために、10年以上、様々な啓発活動などをしてきました。

チーム『宇宙の約束』のキャッチフレーズ「~すべての人が認めあえる世の中へ~」。
まさしく、この想いそのもので、その想いに共感して、本格的に関わらせてもらい、今、副代表をさせてもらっています。

すべてが安らぎと共に、笑顔でいられますように。
そんな想いが少しでも拡がりますように。

今までも、これからも、この想いを胸に歩み続けて行きたいと思っております。

長期入院を経て、なかなか関われないでいましたが、やっと、副代表として復帰することができました。
その第1発目のイベントが、年末の12月22日にあります。

山元加津子さんとてんつくマンのジョイントイベントです。
既に、前売り予約、受付中です。
皆様、是非とも足をお運び下さい。

チーム『宇宙の約束』共々、皆様、どうぞ、よろしくお願いいたします。

チーム『宇宙の約束』公式WEB
http://www.team-soranoyakusoku.jp/

☆12月22日イベントのお知らせ☆
チーム『宇宙(そら)の約束』発足5周年記念 -山元加津子 × てんつくマン 夢のコラボイベント- ~すべての人が認めあえる世の中へ~ 愛と行動で地球は「動く!」
こちらをクリック→クリック

フェイスブックにもページをつくりました。
良かったら、「いいね!」を押してやって下さい。
https://www.facebook.com/teamsoranoyakusoku
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1月30日。
チーム『宇宙の約束』3周年記念イベント。
皆様のおかげで、無事に終えることができました。

120名を超えるお客様。
30名強のスタッフ。
応援してくれたり告知をしてくれた皆様。
朗読用データを貸してくれたサンマーク出版の関係者の皆様。
そして山元加津子さんと小林さん。
ゴスペルのTHE SPIRITSの皆様。
最高の会場を貸して頂いた淀橋教会の関係者の皆様。
その他色々な形で支えてくれた皆様。

本当にありがとうございました。

皆様の一人ひとりの想いができたイベント。
その想いが一つになり、会場が優しさやぬくもりに包まれるイベントになりました。

掛け替えのない「いのち」の存在、そのつながり、その奇跡。
それらのキーワードを通して、大切な一人ひとりを祝福することができたように思います。

すでに何人かのお客様から感想を頂いております。
本当にありがとうございます。

チーム『宇宙の約束』の合い言葉。
「すべての人が認めあえる世の中」を目指して、一人ひとりの想いを大切にしながら誰もが繋がれるよう、これからも歩み続けたいと思っております。

今後ともご支援、ご鞭撻のほどをよろしくお願いいたします。

ホームページでは、今後も様々な報告や今後のイベントの告知などを載せていきたいと思っております。
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。



と、まぁ、今回、私は病院から応援するカタチになりました。
色々と歯がゆい想いや、悔しい想いもあったけど、そんな私の分まで支えてくれた仲間たちがいてくれたおかげで、無事に行うことができたと思います。

色々な形で写真付きの実況中継をしてくれたり(お客様までもやってくれました)、病院にいながら、現場の雰囲気を味わうことができたりして、ありがたいなぁと思います。

自分がいないと成り立たないこともあるけど、自分がいなくても、動く事もあるわけで、世の中って、そんな相互関係で成り立っているんだなぁと思っています。

そして、こうやって助け合って繋がって、一つのことに結集して、みんなで取り組める、最強のチーム『宇宙の約束』のメンバーに出会えて、本当に良かったし、みんなの想いを感じていたら、俄然、みんなの元に帰らなきゃって、新たなチカラを頂けた感じがします。

みんなにありがとう。
感謝です・・・。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
えっと、訂正です。
先にアップしたチーム『宇宙の約束』三周年イベントの案内ですが、受付メアドが間違っていました。

event-0...@team-soranoyakusoku.jp

ではなく、

event-0130@team-soranoyakusoku.jp

です。
コピーしたときに、変換されてしまったみたいです。
確認しないままでごめんなさい。


訂正しましたので、ご覧ください。

http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2011/01/post-103.html

すでに応援告知をしてくださった皆様。
ごめんなさい。
訂正をお願いいたします。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
さて、私が動けなくても、世の中は動いてくれています(笑)

チーム『宇宙の約束』、三周年記念イベントが決定しました!
今回は、山元加津子さんをお呼びしての、講演会となります。

しかも、教会でのイベントです!
なかなか場所が決まらず、支援してくださっている方が紹介してくれたのですが、きっとそれも、意味があると思っています。
きっと、天からの祝福なのでしょう。

いのちをテーマに行います。

いのちの繋がり。
いのちへの賛歌。

加津子さんの講演と共に催されるサンマーク出版から出されています『いのちのまつり』の朗読とゴスペルのライブで、この日に集まり頂いた掛け替えないのない皆様の魂を精一杯祝福したいと思います。

みなさま、どうぞ、よろしくお願いします。

---------<案内開始>----------
===================================
          2011年1月30日(日)
        ~すべての人が認めあえる世の中へ~
        チーム『宇宙(そら)の約束』発足3周年記念プレゼンツ
        ~命の繋がり・・・"生きてきてくれてありがとう~

           山元加津子さん講演会 + 『いのちのまつり』朗読
                *THE SPIRITS ゴスペルミニライブ*
           http://team-soranoyakusoku.jp/
===================================

 ◆~チーム『宇宙の約束』代表大島秀夫(しま平)から皆様へ~

 私は先天性の障がいを持っています。
 子どもの頃から、自分の産まれてきた意味は何だろう?
 自分の存在に価値なんてあるのだろうか?
 ・・・長い間、苦悩しました。

     「お兄ちゃん、頑張ってね」

 見ず知らずの、自分と同じく耳が聴こえない子どもから言われた言葉。
 将来、この子が大人になった時に、自分と同じ苦労をさせたくない。。。

 雪江ちゃんの願いと、その想いを実現しようとする大親友のかっこちゃん。
 以来、多くの仲間と共に数多くの上映会・講演会を催して来ました。

 「みんなが違っていて大切な存在なんだ。」

 命一つ一つの大切さを優しく語りかけてくれているかっこちゃん。
 3周年にあたり、これまでの感謝の気持ちを込めて、
 その講演会をお贈りします。

 是非、聞いて下さい。
 有難うございます。

 ◆開催日◆
   2011年1月30日(日)

   草場一壽作・平安座資尚絵の絵本「いのちのまつり」の朗読
   山元加津子さん講演会・交流会
   THE SPIRITS ゴスペルミニライブ

 ◆タイムスケジュール(予定)◆

  14:00 開場
  14:30 開演『いのちのまつり』~朗読~
  14:55 山元加津子さん講演会
  16:25 休憩
  16:45 山元加津子さんとの交流会
  17:15 THE SPIRITS ゴスペルミニライブ
  17:45 ファイナル&サイン会
  18:10 終演

 ◆場所・交通案内◆

 ウエスレアン・ホーリネス教団「淀橋教会」(定員最大200名)
 東京都新宿区百人町1-17-8(JR中央線大久保駅から徒歩1分)
 http://www.yodobashi-church.com/

 ◆参加費◆

  前売り 大人2,000円 高校生以下/障がい者1,500円
  当日  大人2,500円 高校生以下/障がい者2,000円

  ※未就学児は無料となっています。
  ※障がいをお持ちのお客様で、介助者を必要とする場合は、
   介助者1名まで、前売り1,500円(当日2,000円)にて
   ご参加していただけますので、予約時にご連絡ください。

 ◆お申し込み◆
  下記、お問い合わせ先の受付フォームか、
  メールアドレス、または電話/FAXにてお申し込み下さい。

  ※メールアドレスなどの連絡先に、お申し込みされる場合は、
   ・本名(フリガナも明記下さい)
   ・連絡先(電話番号、メアドなど)
   ・参加人数(大人、高校生以下、障がい者、未就学児)
   ・イベントを知ったきっかけ
  を、必ずお書き添えの上、お申し込みください。

   ※ご意見やお問い合わせなど何かありましたら併せてご連絡ください。

 ◆お問い合せ先◆
  TEL:090-4518-4489(服部)FAX:047-353-6657(服部)
  受付フォーム http://team-soranoyakusoku.jp/event/0130/form/
  受付メールアドレス event-0130@team-soranoyakusoku.jp

 ◆主催◆
  チーム『宇宙(そら)の約束』
  ホームページ http://team-soranoyakusoku.jp/

 ◆山元加津子プロフィール◆

石川県で特別支援学校の先生をしているかっこちゃんこと山元加津子さん。
どんなことでも、どんな人でも分け隔てることなく、ありのままに受け入れ
共に楽しみます。

特別支援学校の子供達との、純粋で心温まる触合いや、その子ども達の
素晴らしい作品を通して、障がいがある人、無い人、全てに理由が
あって生まれてきている、みんながそのままでいいんだ。
ということを語ってくれます。

著書は『本当の事だから』『魔女・モナの物語』
『心の痛みを受け取ること』など多数。
ドキュメンタリー映画『1/4の奇跡』に主演している

  たんぽぽの仲間たち http://www005.upp.so-net.ne.jp/kakko/
  ブログ いちじくりん http://itijikurin.blog65.fc2.com/

 ◆いのちのまつり◆
  17万人の子供と大人の目を輝かせた
  いのちの絵本!小学校3年生の『道徳の副読本』に掲載されました。
  作: 草場一壽絵: 平安座資尚
   出版社: サンマーク出版 http://www.sunmark.co.jp/

  出版社のホームページより
  「ぼうやにいのちをくれた人は誰ね~?」
  「それは......お父さんとお母さん?」
  「そうだねえ。いのちをくれた人をご先祖さまと言うんだよ」
  「ねえ、おばあさん、ぼくのご先祖さまって何人いるの?」
  コウちゃんは、指をおって数えてみることにしました。
  すると

  ......あっと驚くようなびっくり仕掛けは「いのち」の大切さ
  みんなに伝えています。

   チラシデータ(PDF)
 http://www.team-soranoyakusoku.jp/data/20110130/pdf/sora_20110130.pdf

※私たちは、誰でも安心して参加できるバリアフリーイベントを
 目指して、字幕を準備するなど、様々な工夫をさせていただいております。
 お身体の事など何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。

---------<案内終了>----------

シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
で、(笑)

チーム『宇宙の約束』のWEBが新しくなりました。

http://www.team-soranoyakusoku.jp/

URLも新しくしたので、こちらを登録してね。

PC用と携帯用で分けていますので、そちらをクリックして下さい。
携帯用は今まで使用していたページに飛ばしています。
クリックしなくても5秒後には、PC用に飛ぶようにしています。

一応ですが、PC用のWEBも携帯で見られるようにしています。
が、あくまで暫定的な処置しかしていないので、文字化けとか色々とあるかと思います。
ご了承くださいませ~。
(将来的には統合します)

今までちゃんとやっていなかった、過去のイベント報告なども、逐次、アップして行っています!
写真付きで!
今、今年、はじめの2周年記念イベントの写真をアップしようとしているんですが、いかんせん、1000枚近くあるんで、どうしようかと悩んでます(笑)

なんとか100枚ぐらいに絞って、スライドショー形式でアップしますです。

というわけで、これからも、どうぞ、よろしくお願いします!

あ、Twitterアカウントも取りました。
フォロー、よろしくね。

http://twitter.com/tsoranoyakusoku

   ↑
文字数制限で「ちーむそらのやくそく」とは出来ず、本家本元のそらのやくそくと区別するために、最初に「t」を入れていますので、お間違いの無いように。。。。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
夏休みは、昨日までで、今日から仕事。
いや、、、何時間寝たんだろう(笑)
15日、調布で「GATE」という映画の上映会があるので、楽しみにしていたのに、起きたらお昼過ぎ。
もう上映が始まっている時間でした(笑)
結局、連休は、14日にチーム『宇宙の約束』の事務局長のお宅での集まりしか出かけなかった。

でも、そのおかげか、かなり、調子がよくなってきました。
ご心配、おかけしております。
心配してくれるみなさん、ありがとう。

14日は、事務局長のお宅で『ゆずり葉』の試写会を兼ねた集まり。
事務局のヒロシパパの創る食事は、やっぱり、美味しい。
ここの所、食欲も減退していて、あまり食べられなかったんだけど、久しぶりにお腹いっぱいにしました。
カレーはやっぱり絶品ですな。

食べるって大切です。
食べたらなんか急に体調がよくなった気がしてきます。

『ゆずり葉』は良いな。。。
結構、現実論を突きつけてくるので、障がいをもった当事者がみるとかなりキツイ部分もあるのかもしれないけど、そういう部分を見つつ、共に生きるって何だろうって、心の面から問いかけてくるあの映画は、私的には、かなり、気に入っています。

Twitterで書いたけど、『1/4の奇跡』とペアでやりたい!
来年の春ぐらいに、BeSmilePresentsが中心になって実行委員会ベースとして。
どう甘く見積もっても、映画上映費用、会場費用を合わせて、予算20~25万(劇汗)
となると200名以上の会場。
誰か一緒に行動してくれる方、募集(笑)
会場探しや会場申し込みという段階から手伝ってくれるとうれしいかもです。
私、DVDを持っているので、名目上の「本上映会をやるための試写会」を行っていきたいと思いますので、言ってくれれば参上いたします。
よろしくです~。


シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
☆いのちと愛を結ぶ宇宙色のハーモニー☆

の当日の6時間前。
家を出るときに、スタッフ、そして、生きとし生けるものすべてに贈ったメールです。

-------

みなさん、おはようございます。
にぽぽです。

いよいよ、本番当日。
もう6時間とちょっとすれば、開場です。

みなさん、どんな想いでいらっしゃいますか?
どんな、気持ちでいらっしゃいますか?

今日は、何も心配しない、怒らない、焦らない、憤らない。
すべてに感謝して、すべてを受け止めていきましょう。
そして、絶え間ない笑顔でいましょう。

ここで、こうやって出会えたことに感謝しています。
みなさんに出会えたことに感謝しています。
ML上だけでなく、このイベントに携わってくれた多くのみなさんに感謝しています。
このイベントのことを知らない人、すべてに感謝しています。

この時、この地に、この命にすべてに感謝しています。

本当にありがとう。

私の命の使命は、この世に生きるすべての人の笑顔をお手伝いすることだと思っています。
今日もそのお手伝いをしていければと思います。

今日、来てくれるお客様を笑顔にしていきましょう。
そして、そのお客様の周りが笑顔になっていき、世界中に笑顔が拡がっていくことをイメージしていきましょう。

"笑顔"にみなさん、チューニングしてくださいね。
今日、スタッフで来られる人も、こられない人も、みんなでそこにイメージを集中してください。

みなさんと、今日、一日を迎えられることに感謝しています。
本当にありがとう。

すべてに感謝。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
7/24☆いのちと愛を結ぶ宇宙色のハーモニー☆
http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2010/06/post-65.html

来て下さった皆様。
支えて下さった皆様。
目に見えない形で応援して下さった皆様。
関わってくれた人も、関われなかった人も。
そのすべてに感謝の心を贈りたいと思います。
本当にありがとうございました。

今回のイベントを企画し、プロデュース出来たことに感謝しています。
今回ほど、やってよかったと幸せ感いっぱいになったことはありませんでした。

ドキュメンタリー映画『宇宙の約束』
そして
セルフストーリーオペラ『這い上がり』

この2つが私の頭の中で組み合わさったキッカケになったのは、この物語でした。

---------------------

FOOTPRINTS IN THE SAND
砂の上の足跡

One night a man had a dream.
ある晩、男が夢をみていた。

He dreamed he was walking along the beach with the LORD.
夢の中で彼は、神と並んで浜辺を歩いているのだった。

Across the sky flashed scenes from his life.
そして空の向こうには、彼のこれまでの人生が映し出されては消えていった。

For each scene, he noticed two sets of footprints in the sand: one belonging to him, and the other to the LORD.
どの場面でも、砂の上にはふたりの足跡が残されていた。 ひとつは彼自身のもの、もうひとつは神のものだった。

When the last scene of his life flashed before him, he looked back at the footprints in the sand.
人生のつい先ほどの場面が目の前から消えていくと、彼はふりかえり、砂の上の足跡を眺めた。

He noticed that many times along the path of his life there was only one set of footprints.
すると彼の人生の道程には、ひとりの足跡しか残っていない場所が、いくつもあるのだった。

He also noticed that it happened at the very lowest and saddest times of his life.
しかもそれは、彼の人生の中でも、特につらく、悲しいときに起きているのだった。

This really bothered him and he questioned the LORD about it.
すっかり悩んでしまった彼は、神にそのことをたずねてみた。

"LORD, You said that once I decided to follow you, You would walk with me all the way.
「神よ、私があなたに従って生きると決めたとき、あなたはずっと私とともに歩いてくださるとおっしゃられた。

But I have noticed that during the most troublesome times of my life, there is only one set of footprints.
しかし、私の人生のもっとも困難なときには、いつもひとりの足跡しか残っていないではありませんか。

I don't understand why when I needed You most You would leave me."
私が一番にあなたを必要としたときに、なぜあなたは私を見捨てられたのですか」

The LORD replied, "My son, My precious child, I love you and I would never leave you.
神は答えられた。 「わが子よ。 私の大切な子供よ。 私はあなたを愛している。 私はあなたを見捨てはしない。

During your times of trial and suffering, when you see only one set of footprints, it was then that I carried you.
あなたの試練と苦しみのときに、ひとりの足跡しか残されていないのは、その時はわたしがあなたを背負って歩いていたのだ」

Author Unknown
作者不詳

転送元:
http://www.ieji.org/archive/footprints-in-the-sand.html

-------------------------------------------------------------

2つの作品ともこの物語が使われていて、私が一番感動する場所でもありました。

すべての命は愛に包まれている。

自分自身、独りで生きていたと思い込んでいたことがたくさんあったけど、でも、たくさんの愛に支えられて生きて来たことを知った時、それこそが生きる希望となり、生きる力となりました。
そのことを伝えたいとそう思ったのです。
その瞬間、セルフストーリーオペラ『這い上がり』は、古市さんこそ『宇宙の約束』を受け止めながら生き抜いき、その願いが込められているとそう強く感じました。

今回は、いつも以上に色々とあったイベントでした。
それに最後の最後で、自分自身が体調を崩し、申し訳ないって思うことも多々あるのですが、でも、多くの方が支えて下さったおかげで、24日を最高の1日にすることが出来ました。

古市さんが最後で語っていたけど、出演者、スタッフ、そしてお客様。
どれが欠けてもこのイベントは成り立つことはなかったと思います。

最後のあの場の雰囲気。
手拍子、合唱、そして歓声。
最後の司会進行の一言一言さえも、優しく見守り、聞き入ってくれていたお客様も多くいてくれ、最後は拍手で会を称えてくれた。
あの瞬間の光景を中二階のブースから見てて、鳥肌が立ってしまうぐらいの感動を覚えました。
そして、伝えたかった想いのすべてが伝えることが出来た、この想いが日本中、世界中、宇宙中に繋がっていくとそう確信できた瞬間でした。

すべてのパズルが組み上がって、愛と命が宇宙色のハーモニーを奏でた瞬間だと、、そう感じます。

帰る時、正直、足腰が立たないぐらい疲れていたのですが、そんなことよりも幸せ感いっぱいで、電車の中で何度も泣きそうでした。
出演者やお客様やスタッフの皆さんの笑顔の数々を思い出して、胸が温かくなっていきました。

イベントをやるたびに思うこと。
お客様が喜んでくれていること。
笑顔になってくれること。
感動してくれること。

そして、もうひとつ。。。。生きてきてよかった。

なんか、いつも思うのです。
なんだか幸せです。

25日も色々とイベントがあって、告知とかもしたかったし、いきたかったのですが、ごめんなさい。
一人になって、この想いを次ぎのためにふくらませることに専念していました。

『宇宙の約束』をこの胸に抱き、これからも生き、伝え続ける。
そのことが、私の使命。

まだ、走れる。
そう思います。
まだ、まだ、やっていきたいとそう思います。
1人でも多くの命が光で満ちるまでやり続けていきます。
一人でも多くの命が幸せで満ちるまでやり続けます。
そう思えるのも、多くの人たちがさせてくれたおかげです。

本当に感謝しています。
ありがとう。。。。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
日付が変わって今日。

とうとう、本番を迎えます。
結構、ドキドキです(笑)

酒の席で、しま平くんが「オープンハートの会と・・」というおきまりのパターンから、私が現実化し始めたことからスタートしたこの企画。
最初は、何をやろうか、どうやっていこうかと悩んだのだけど、4月にみた古市さんのセルフオペラ。

瞬間。。。。『宇宙の約束』の上映会とセルフオペラやりたい・・。
この時の3次会で古市さんに口走りました。

最初は、みんなもなんのこっちゃだかわけのわからんことを言いだした、っていう顔でしたが(笑)

登戸で行った試写会からすべては一転。
史上最強で、もう二度とない組み合わせだということがやっと伝わったみたい。

いやね、、、言葉にするのは難しいと思います。
見てみないとわからない。
本当は、そんな感じなんです。

明日、その本番を迎えます。
当日券もありますから、もし、時間が許すのであれば、来て下さい。
たぶん、人生が変わると思います。
そして、今、ここに生きている意味を、心で感じることが出来ると思います。

そして、、、、みなが会場で感じたその想いが、天に昇り、来られなかった人にも、伝わっていけばいいなってそう思います。

7/24が、誰にとっても、世界的にも、幸せで愛のあふれる一日でありますように。
心からそう願いつつ、本番を迎えたいと思います。
みなさん、ありがとうございます。。。。

【ご案内】7/24☆いのちと愛を結ぶ宇宙(そら)色のハーモニー☆
http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2010/06/post-65.html
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
どないな時間やねん!っていう時間に起きています。
イベントの準備やらなにやらやっていたら、こんな時間に・・汗

16日の夜、7/24のイベントの打ち合わせ。
かなり、盛り上がって来ています。
食事も含めて、終電間際まで、一緒にいました。

疲れているけど、、、なんだか楽しい、、、。

三連休の最初の1日は、お休みさせてもらいました。
さすがに身体に応えるので。
中央線沿線で、友人が野外イベントでピアノを弾くとかいうので、いきたかったんだけど、、。
Yちゃん、ごめんねぇ、、、。

夜は、しっかりとイベントの準備をして、こんな時間。


イベントをやっていると、いろんなことがあります。
いろんな思いが出てきます。

喜びも悲しみも、そこに同時に存在したりもするけど。
でも、そのすべてが明日に繋がっているのだと思うと、そのすべてを受け止めていかないとってそう感じる。

誰の為にやっているのか。
なんのためにやっているのか。

よくわからなくなってしまうこともあるけど。
でも、一緒にイベントを築き上げていく仲間たちとあっていると、自然にどこに向かっているのか見えてくるから不思議なものです。

今、こうやっているのも、自分の使命なんだと思う。
ミッションっていうやつですね。
ここに生きている自分という証。
誰でもない。
自分だからここに存在している使命。


生きゆく者。
死にゆく者。

そのすべてに伝えたい言葉。
そのすべてに贈りたい想い。

それを伝えるっていう使命。
この身体だかこそ思える生きる力だと、そう信じて。
その生かされた意味をちゃんと繋げられるように、紡げるように。
一歩一歩、歩んで生きたいとそう思う。

7/24。
大切な言葉があります。

自分が、どうして、このイベントを企画したか。
その想いがちゃんと伝わりますように。

そう願いつつ。
やっとこさ、眠りにつきたいと思います。

今を、生きづらいと思っている皆さまに。
そして、今を生きたいと思っている皆さまに。。。。

【ご案内】7/24☆いのちと愛を結ぶ宇宙(そら)色のハーモニー☆
http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2010/06/post-65.html
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.11

応援サイトバナー

  白雪姫プロジェクトを応援しています

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちチーム『宇宙の約束』カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはオープンハートの会です。

次のカテゴリはネットワーク『地球村』です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。