Wave101の最近のブログ記事

【ご案内】5/23チーム『宇宙の約束』2010-繋ぐ・結ぶ・紡ぐ- ◇パズルのピースが繋ぐ時◇
http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/to_sky_of_hope/2010/05/523.html

無事に終了いたしました。

朝からの雨。
どうなるかと思っていたら、予約してくれたお客様のほとんどか来てくれました。
悪天候の中でも、しっかりと来てくれるお客様がいること。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

今回、上映会とWSと交流会というチームとしては初めての試みでした。

『1/4の奇跡』を見た時に思ったこと。
1つは、自分の存在の大切さ、でした。
だから、自分のことを好きでいたいとそう思いました。
そして、もう一つ思ったこと。
周りの人のことも大切にしていきたい。
大好きでいたい。
そう思いました。

その周りのことをしっかりと感じてもらうこと。
繋がりをつくるということ、関わっていくとくことを実践的に感じてもらうキッカケのために、今回、こういう形でハンディキャップ体験WSと交流会を開きました。

WSと交流会まで残って下さった方は少なかったのですが、だからこそ、深い気づきがたくさんあったようで。
一緒にWSの運営をして頂いた介護ボランティアグループ『あいあい』の皆さまも「え?そんな風に感じるの?」とビックリするような意見交換もあり。
いつも以上に思いがけないぐらいの多くのことを得られたみたいで本当によかったです。

WSでは、車いす体験をしてもらい、交互に車いすに乗る側、押す側を体験してもらいました。
押す側の大変さだけでなく、乗る側の大変さも感じてもらいました。
車いすに乗ってみるとわかる違う光景とそこから産まれる感情。

「相手の気持ちに立つこと」「相手を思いやるということ」がどういうことなのか。

実際に経験してみないとわからないことも世の中には多く、障がい者を含めて、周りの人がどんなことを感じているのだろう、どう思っているのだろうと、、、、、自分の目だけでない、第二者、第三者や第四者、第五者・・・の目を持ち、感じることはそう容易いことではないけど。
でも、そういう目を常に持つということが、世の中において、いかに大切かということが、少しでも多くの人に感じ取ってくれればいいなとそう思う。

人と関わっていくということ。

ホント難しいし、大変なことも多いし。
勇気もいるし、それなりの心構えもいることもある。

でも、そのことも含めて、今、自分や周りの人たちが、どんな風に想い、どんな風に感じてくるかを、少しでも頭の中の片隅で思い続けること。
そのことが、「全ての人が認めあえる世の中」を作るきっかけにもなるし、「共に生きていける世の中」にしていく道しるべになるとそう思う。

WSの後の交流会も盛り上がり、イベント終了後の打ち上げでも、いろんな意見を交換できたり、深い気づきがあったり。
誰にでも優しい世の中を作ることに向けて、みんなが考えていく姿をみていて、やってよかったって、熟々思うことばかりでした。

ケーキを作ってくれたり、会場を間違えたのにもかかわらず、駆けつけてくれた方もいたり。
「この映画を多くの人に見てもらいたいと感じた。私が普段から感じていることをこういう形で伝えてくれている人たちがいてくれてうれしい」と行ってくれたご婦人がいてくれたり。

いつも一緒に動いてくれるスタッフの一人一人。

応援してくれる方、支えてくれる方。
助言、アドバイスをくれる方。

喜んでくれる方。楽しんでくれる方。

笑顔になっていくお客様、いろんなことを感じ取ってくれるお客様。

ほんと、ありがたいなってそう思う。
この時代、この地に、こうやってたくさんの方々にお会いできることがとてもうれしいし、こうやって同じ志で伝えて行くことを一緒に行動に移してくれる仲間たちの存在がとても愛おしく感じます。

本当にありがとうございました。
チーム『宇宙の約束』2010-繋ぐ・結ぶ・紡ぐ-の第二弾も二ヶ月後開催決定しています。
皆さま、これからも、どうぞよろしくお願い致します。


------------<7/24 第二弾決定!>------------

~すべての人が認めあえる世の中へ~
チーム『宇宙の約束』2010-繋ぐ・結ぶ・紡ぐ-

☆いのちと愛を結ぶ宇宙(そら)色のハーモニー☆

チーム『宇宙の約束』+オープンハートの会 合同主催!!

ドキュメンタリー映画『宇宙の約束 ~いのちが紡ぐ愛の詩~』上映会 +
    セルフストーリーオペラ『這い上がり』~ある「顔」の喪失と再生の半世紀~

日時:7/24(土) 13時開場、13時半開演 18時終演(予定)
場所:東京都大田区 スタジオ「Teatro do Sonho」
   京急梅屋敷駅から徒歩約13分
   JR・東急蒲田駅東口 京急バス森50系 『東邦医大』下車徒歩2分
前売り 大人2500円 高校生以下/障がい者2000円 未就学児0円
当日  大人3000円 高校生以下/障がい者2500円 未就学児0円
お問い合わせ先: チーム『宇宙の約束』事務局
TEL:090-4518-4489 メール:event-0724☆team-soranoyakusoku.jp まで
☆印を小文字の@マークに変更してご使用ください
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
もう、2週間近く前だけど、先日、うつ専門カウンセラー、さわとんこと、澤登和夫さんの講演に行ってきました。
さやかちゃんのDIGNITY WAVEの定期交流会イベントの1つでした。

さわとんが、どうして「うつ専門カウンセラー」になったか。
その人生と共に、今、さわとんがやりたいこと、伝えたいことは何なのかを、笑いを交えながら、しっかりと伝えてくれました。

身に迫る想い。
崖っぷちに立ったことがあるからこそ、感じられる願いが、本当に心を打つものがありました。

"「死にたい」って言う人に、何ができますか。"

この日の講演のテーマ。
とてつもなく重たい内容でもあり、あまり、ピンと来ない人も多いと思います。
でも、自分にとっては、短すぎるほど、身近なテーマでした。

4年前、「死にたい」という電話の後、病院で亡くなった友人がいたから。
だから、他人事ではないテーマでもありました。

電話でしばらく話した後、「今、どうしたい?」と私の問いかけに「生きたい。だから、救急車を呼ぶ」って言ってくれた友人。
その次の日、その友人の友人からの電話で病院で亡くなったと聞きました。
あの後、自分で救急車を呼んで病院に行ったけど、間に合わなかったと聞きました。

最後の最後で、「生きたい」と願ってくれたこと。
助けられなくて、悔しい想いでいっぱいだったけど、最後の最後でそう願ってくれたことが、唯一の救いでした。

あの時、どう声をかければよかったんだろう。。。。
今でも、そう考え込んでしまうことがあります。

でも、さわとんの講演を聞いて、言葉やテクニックではないのかもしれないなって、そんな風に思った。

ただ、寄り添ってあげること。
黙って、手を握ってあげること。
ずっと、傾聴してあげること。

そんなことだけでも、いのちを救うことができるのかもしれないって、そんな風に感じた。

決して独りではないっていうこと。
いつも、誰かがいるっていうこと。

忙しない世の中に生きていると、何かにつけて、一人で頑張ってしまうようなことも多々あったりする。
だけど、誰かがいてくれることを想うと、それだけでも、人は安らぎを感じられる。

その気づきのキッカケや余裕を作れるかどうかで、世の中って一変するのかもしれないって、そう思います。

「あるがままな生き方」「自分らしい生き方」って、言葉でいうのは簡単かもしれないけど、意外に一番大変な生き方かもしれません。
でも、そんな生き方が誰もが出来る世の中にしていくことが、今、一番大切なことだと思うし、今、一番、必要なことだとそう思う。

その為にも、自分や周りに「大好き」がいっぱい増えるように、お互いを知り、お互いを認めあえるキッカケをつくることを、少しでもやっていけたらなってそう思います。


そんな「大好き」が周りにいっぱいに広がるような「すべての人が認めあえる世の中」にしていくために、チーム『宇宙の約束』では、定期的にイベントを繰り広げてきています。

今週末、5/23に、『1/4の奇跡~本当のことだから~』とハンディキャップ体験WSを行います。

1/4の映画の根底に流れるテーマ、、、全ての存在の大切さ、一人一人の存在の奇跡。
そのことを映画を通して知った後、自分の周りの存在を大切に感じられるキッカケを作りたいと思い、体験WSを取り入れました。

名目は「ハンディキャップを持った人たちの立場を体験する」というものですが、これもキッカケの一つに過ぎないと思っています。

そのWSを通して他の人の心を感じる方法を学べると思うし、自分の周りに向けて関心を持つことが、どれだけの他の人の心を救い、他の人と繋がれるかを知ることも出来ると思います。
また、そのことが、「一人じゃないんだ」という自分への安らぎとなると思うし、人の温もりを肌で知ってもらうチャンスだと思っています。

まだ、予約数が一桁という極めてすごいことになっていますが(笑)
皆さま、是非、お誘い合わせの上、ご来場下さい。
そして、他の方々にも、是非、たくさん、たくさん伝えて言って欲しいとそう持っています。

皆さま、どうぞ、よろしくお願い致します。


-------<ご案内>---------
【ご 案内】5/23チーム『宇宙の約束』2010◇パズルのピースが繋ぐ時◇
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
5/23。
チーム『宇宙の約束』主催イベントが決まりました!

今年のチームでは、すべての人が認めあえる世の中に向けて「-繋ぐ・結ぶ・紡ぐ-」をメインテーマに、自分だけでなく、周りにも目を向け、周りと 繋がっていくことを感じあえるイベントを繰り広げていきたいと思います。

その第一弾として5/23では、上映会の後に、ハンディキャップ体験ができるワークショップを開催。
助け合う、支え合うってどういうことだろう。
相手の立場に立つってどういうことだろう。
そんなことを、ワークショップを通して、一緒に感じ、一緒に考えてもらえたらと思います。

皆様、どうぞ、よろしくお願い致します。

=============================
          2010年5月23日(日)
          『千葉県民の日』賛同行事
        ~すべての人が認めあえる世の中へ~
    チーム『宇宙(そら)の約束』2010 -繋ぐ・結ぶ・紡ぐ-
          ◇パズルのピースが繋ぐ時◇
         http://soranoyakusoku.didit.jp/0523/
    http://soranoyakusoku.didit.jp/0523/data/523_event.pdf
=============================

 あなたは、街中で困っている人を助けられず、歯痒い思いをした事は
 ありませんか?

 人にぶつかってしまい、コースを外れてしまい、
 右往左往している目の見えない方。
 電車から自力で降りられず、困っている車椅子の方。

 助けたい。。。なのに、助ける事が出来ないと思った事は
 ありませんか?

 人は歳を取るにつれ、目が見えにくくなり、階段を上がるのも
 辛くなってきます。
 障がいを持つ人だけではなく、ご老人の方や、ご病気を
 患っている方、全ての人に共通している事だと思います。

 でも、実際に経験していないと、どう助けていいのかが
 分からないと思います。

 今年のチーム『宇宙の約束』は、~繋ぐ・結ぶ・紡ぐ~を
 テーマに、お互いを知り、認め、支え合う社会とはどういう
 ものかを、皆さんと考え、感じていきたいと思います。

 今回は、上映会の後にハンディキャップ体験ワークショップを開催。
 『1/4の奇跡』という想いと共に、実際に経験して頂き、お互いの
 理解を高め、ご自身に出来る事を探して欲しいと思います。

 人が困っている人を助けるのに、損得も何の理屈もいらないと思います。
 その人の笑顔を見るため、自分の為に、自分に出来る事を考えてみませんか?

 ◆開催日◆
  2010年5月23日(日)

 ◎第1部◎
  ドキュメンタリー映画『1/4の奇跡 ~本当のことだから~』自主上映会
  浦安市民プラザ Wave101 小ホール(定員60名)
  開場13:30 開演14:00 15:50終了(予定)

 ◎第2部◎
  ハンディキャップ体験ワークショップ+交流会
  浦安市民プラザ Wave101 市民サロン(定員20名)
  ワークショップ開始16:05 18:45終了(予定)

 ◆場所・交通案内◆
  浦安市民プラザWave101 小ホール/市民サロン
  住所:浦安市入船1-4-1 ショッパーズプラザ新浦安4F
  公共交通機関:JR京葉線 新浦安駅下車 徒歩5分

 ◆参加費◆
  <第1部(上映会のみ)>
   前売り 大人1,500円 高校生以下/障がい者1,000円
   当日 大人2,000円 高校生以下/障がい者1,500円

  <第1部+第2部(上映会+WS+交流会)>
   前売り 大人2,000円 高校生以下/障がい者1,500円
   当日 大人2,500円 高校生以下/障がい者2,000円

  ※未就学児はどちらも無料となっています。
  ※"千葉県民の日"賛同行事のため、千葉県内にお住まいの方は、
   500円引きとさせて頂きます。

 ◆お申し込み◆
  下記、お問い合わせ先のホームページの受付フォームか、
  メールアドレス、または電話/FAXにてお申し込み下さい。

  ※メールアドレスなどの連絡先に、お申し込みされる場合は、
   ・本名(フリガナも明記下さい) ・連絡先(電話番号、メアドなど)
   ・参加時間(1部 または 1部+2部)
   ・参加人数(大人、高校生以下、障がい者、未就学児)
   ・お住まい(千葉県内 または 千葉県外)
   ・イベントを知ったきっかけ
  を、必ずお書き添えの上、お申し込みください。

   ※2部だけの申し込みは出来ませんので、ご了承下さい。
   ※2部は定員20名になっております。定員になってしまった場合、
    お断りさせて頂くことがございますのでご了承ください。
   ※ご意見やお問い合わせなど何かありましたら併せてご連絡ください。

 ◆お問い合せ先◆
  TEL:090-4518-4489(服部) FAX:047-353-6657(服部)
  受付フォーム:http://soranoyakusoku.didit.jp/0523/form0523.php
  受付メールアドレス:kiseki@didit.jp
  案内ホームページhttp://soranoyakusoku.didit.jp/

 ◆主催◆
  チーム『宇宙(そら)の約束』

 ◆協力◆
  介助ボランティアグループ『あいあい』

 ◆映画プロフィール◆

  ドキュメンタリー映画 『1/4の奇跡~本当のことだから~』
  あなたがあなたとして生まれた事。それは、一つの奇跡。
  命をめぐる真実の物語。
  石川県で特別支援学校の先生をしているかっこちゃんこと山元加津子さん。
  どんなことでも、どんな人でも分けることなくありのままに受け入れ、
  興味をもち、共に楽しむ。養護学校のこどもたちとの、
  純粋な心温まるふれあいを通じて、障害がある人、ない人も、
  すべて理由があって生まれてきている、みんなそのままで素晴らしいんだ、
  と魂を揺さぶられるその真実の物語が、講演会で語られ、全国各地で
  感動を呼んでいる。

  そんなかっこちゃんに、ある日障害をもった雪絵ちゃんという少女が 想いを託す。

  「一人一人がちがっていいっていったよね。
           それを世界中の人が知ってる世の中にして」・・・と。

  かっこちゃんの生き様を追いかける中で、かっこちゃんを取り巻く 人々の中で、
  今明かされるいのちの神秘、宇宙の秘密。 感動のドキュメンタリー。

  ホームページ:http://www.yonbunnoichi.net/

 ☆チーム『宇宙の約束』では、ボランティアスタッフによる
  バリアフリーイベントとして、日本語字幕入りの映画上映を行っております。
  その他、お身体の事など何かございましたら、お気軽に
  お問い合わせ先までご連絡ください。
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2010/3/7  『みんなの日』日野原希美Live ~ランドの近くで大感謝祭~
専 用ブログ:http://be-smile-presents.team-soranoyakusoku.jp/event/100307/

CIMG7769.JPGリハーサルが終わりました。
明日を迎えるのみです。

CIMG7745.JPG色んなことがあった今回のイベント。
その分、いろいろな想いを伝えられるイベントになるだろうとそう思っています。
ほんと、たくさんの想いが詰まった玉手箱です。

今までにない内容の濃いことになるのは、間違いありません。
希美ちゃんをはじめ、出演者のみなさん、そして、スタッフ一人ひとりが、このイベントにかけた想いをそれぞれの形で伝えるために、創り上げてきました。
誰もが真剣に、そして、真摯に取り組んで来ました。
その集大成が、明日、出そろいます。

何が起きるかわからないけど、何が起きても、良い風になると信じています。CIMG7762.JPG

明日、何物にも代えられないとびっきりの笑顔の贈り物を届けたいと思います。
全身全霊を込めて、笑顔になるお手伝いをさせて頂きます。

まだ、お席がございます。
当日券もありますので、是非、足をお運びください。
どうぞ、よろしくお願い致します。


↓よかったらクリックをお願いします♪
人気ブログランキングへ
シェアボタン: このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.11

応援サイトバナー

  白雪姫プロジェクトを応援しています

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちWave101カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはアルタスタジオです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。